2017年01月07日(土) 10時27分26秒

BMW2シリーズ・グランツアラー スピーカーの音質アップ

テーマ:カーオーディオについて

 

今日ご紹介する1台は先日の宇部店の作業から、BMWの2シリーズ・グランツアラー

です。

 

 

このお車は2シリーズのアクティブツアラーの全長を伸ばして、3列シートにしたモデルです。



全車異形パネルのナビオーディオ付のお車で、今回はベーシックパッケージの取付と、

プラスして追加の施工を行いました。
 

 

 

入庫した時は出過ぎ気味の低音を抑えて、高音を上げていましたが、それでもかったるい

ぐらいの音で、BMWの高性能なイメージとはかけ離れた音質でした。

 

 

 

スピーカー位置はドアの上部の前方にスコーカーと・・

 

 

 

全席左右下に薄型のウーファーが付いているフロント2WAY構成です。

 

 

 

ベーシックパッケージではダッシュ上にピュアディオブランドのATX-25ツイーターを

取り付けて・・

 

 

 

 

ドアの内貼りを外して、純正のスコーカーを交換します。

 

 

 

普通はベーシックパッケージはドアスピーカーは純正をそのまま使用しますが、BMW

の96000円の物はドアスピーカーの交換まで含んでいるので、他の車種よりも高額

になっています」。



インナーバッフルを製作して、上半分に金属シートで扇方のレインガードを作って、JBL

のGX302のツイーター配線をカットしてスコーカー化した物を取り付けました。
 

 

 

ここの部分は自分の3シリーズと同じスピーカーで、今発売されているスピーカーをあれ

これと交換して聴き比べた結果、何故か一番安いこのモデルがしっくり来るので、これが

推奨モデルとなっています。


逆に高いモデルはいくらでもあって、口径が付くギリギリの大きさの物はグリルの径の方

が小さくなって、端の方から発せられる音に跳ね返りが出るためにしっくりと来ず、そのた

めわざわざ口径を小さくして、跳ね返りを無くしています。



フロントの合計6個のスピーカーの音域のコントロールはグローブボックス下のピュアコン

で行って、ここまでがBMW用のベーシックパッケージの取付です。

 

 

 

 

そして次にオプションの作業の説明に入って、シート下に入っている薄型のウーファーを

交換して、低音にもっとハリや重みを持たせます。

 

 

 

 

BMWは車種やグレードによって床下の状態が違うために、全てに同じウーファーは

使えませんが、グランツアラーは床下に余裕があるために、JBLのP660のウーファー

を取り付ける事が出来ました。
 

 

 

自分の3シリーズは床下に余裕が無かったためにGTO609のウーファーを使用しています。


スピーカーを交換して、グリルを取り付けて完成です。

 

 

 

他にはドア内の防振も行っていて・・

 

 

 

 

元々広い範囲にマットが貼ってあって音の響きは抑えてありますが、何も貼ってない部分

に防振メタルを貼って、マットでは取りきれない高い周波数の響きを抑える様にしました。

 

 

 

 

全ての取付作業が終わったら音を鳴らして、オプションを含んだ状態でのピュアコンの

マッチングを取ります。


いくつものブラックボックスとコイルを交換して、一番音が生演奏に近いポイントを探します。

 


このBMWの純正オーディオはかったるい部分ときつい音域が混在していて、ツイー

ターとスコーカーをクロスさせる部分の周波数をちょうどきつい音の部分に落とし込ん

で、それで全体のバラスを取るという手法を取ったためにかなりの数の組み合わせを

変えて、スムーズに音が鳴るポイントを探りました。





またBMWのBMWと同じスコーカーを使っているので同じ様な鳴り方になるかというと・・

 

 

 

 

 

現行の3シリーズにはスコーカーの前にハンドルグリップがあり、これがあるかないかで

ネットワークのコイルの値が全く変わってしまいます。
 

 

 

一般的なマウントが合えばBMW専用というトレードインタイプと違って、ピュアコンを

使ったベーシックパッケージとオプションは、その年式のそのグレードにピッタリとマッ

チングさせる部分で音に差を付けています。

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります