2016年12月19日(月) 11時14分21秒

ホンダ・フィット スピーカーの音質アップ

テーマ:カーオーディオについて

 

今日ご紹介する1台は、先日の宇部店の作業からフィット3です。

 

 

 

 

 

ホンダ純正のギャザーズのナビオーディオを装着した状態で入庫となって、ベーシック

パッケージの取付と、ベーシック防振の施工のWパッケージの作業を行いました。
 

 

 

 

 

まずはドアの内貼りを外して、防水シートをはがして外板裏に防振メタルと防振マットを

貼り合せます。

 

 

 

 

サイドインパクトビームなどのある位置は外板と柱が所々つながっていて、あまり低い音

の響きはありませんが、カーン!という高い響きがあるので、防振メタルを響きの中心に

貼って静かにします。

 

 

 

 

 

逆に面積の広いボン!という低い響きの場所には四角いマットを貼っていて、その下に

丸いマットが貼ってある場所は中音域の響きのある場所です。

 

 

四角と丸は形だけでなく、材質の固さも変えてあって、材質の形と固さで低・中・高の

三段階でドアの響きを鎮めています。



防振作業が終わったらドアの内貼りを組み付けます。

 

 

 

 

 

 

次にインパネを分解して、ナビを一度取り外して、裏から音信号を取り出します。

 

 

 

この作業は手間がかかるので一般的には純正スピーカーの裏から音信号を取り出して

いる店が多く、真裏から太いPSTケーブルで音をひいて来る事でベーシックパッケージ

は高音質になっています。



取り出した信号はグローブボックス下に取り付けるフィット3専用チューンのピュアコンに

つないで、今回はオプションのSSFを追加して、合計6ピース構成になっています。

 

 

 

 

 

ピュアコンからの出力はドアの純正スピーカーとダッシュに取り付けたATX-25ツイーター

に分配されて、フィット3用に周波数幅とインピーダンスとレベルが完全に合わせてあるので、

あれこれパーツを交換していいポイントを探り出すという工程が今回はありません。

 

 

 

 

 

ツイーターは新品で音が固いので、あれこれジャンルの違うCDを再生して、最後に

調整用のCDを再生してイコライザー調整を行います。

 

 

 

 

 

ホンダ純正でもこの画面はパナソニックみたいですね。

 

 

 

 

今回はSSFのオプションを追加していているので、あらかじめ音がかなり整っている

のでイコライザーの調整幅は少なくて済みます。
 

 

大きくイコライザーを動かせば同じレベルには合わせられますが、1クリック程度の少ない

動かし方の方が音が滑らかです。


青いフィット3は完成して、代車はうちの白いフィット3だったので、あらかじめベーシック

のWパッケージの音を体感して頂いています。

 

 

 

 

音が悪いと言われているホンダ純正の16センチスピーカーは、Wパッケージの装着で

「これが同じスピーカー??」と皆さん驚かれる音に変身します。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。