2016年12月18日(日) 11時51分02秒

日産・エルグランド カーオーディオの音質アップ

テーマ:カーオーディオについて

 

今日ご紹介する1台は、先日の宇部店の作業から日産のエルグランドです。

 

 

 

以前にデモカーとして持っていたのと同じ型式のお車です。



山口県の隣の隣の岡山県からお越し頂いて、兵庫県のカーオーディオ専門店で

取り付けられたシステムの一部変更と、防振やアウターバッフルの作り直しの

作業を行いました。
 

 

 

 

 

元々セパレートタイプのサイバーナビが取り付けられていたシステムの、デッキ部分を

取り外して1DIN+1DINのサイバーナビを取り付けました。

 

 

 

 

 

防振とアウターは全面的にやり直しで、入庫した時には右と左の音に差があって、

音がピッタリとまとまらないので、左右の施工の差などを調べていました。
 

 

 

 

 


アウターバッフルは表側は綺麗に作ってありますが・・

 

 

 

 

裏は柔らかい材質でペコペコで、まるで安いミニコンポのプラスチックのスピーカーの

様な鳴りでした。

 

 

 

 

裏に分厚いバッフルが作ってあるものの、レインガードか車体とのつなぎは薄い

アルミテープで、手間がかかっている部分と手抜きしている部分が混在していて、

結果的には良い音になっていません。

 

 

 

 

厚い木を組み合わせたバッフルを製作して内張りに組み付けて・・

 

 

 

 

 

アウターバッフルとドアは金属リングでつないで、その内側はセメントコーティングを

行なっているので、同じアウターでもかなり音が重みがありクリアーになりました。
 

 

(セメントコーティング部分の写真は取り忘れたために、他の車種から引用しています)



やや斜め上で、やや手前に角度が付いたバッフルにはピュアディオブランドのZSP-MID

を取り付けて・・

 

 

 

 

ツイーターはこれまでお使いだったJBLの508型に、ピュアディオ製のスタンドを

取り付けてセットしました。

 

 

 

グローブボックス下に付いていた前のショップのオリジナルネットワークを取り外し、

ピュアコンに付け替えて作業は終了しました。

 

 

 

ショップオリジナルのネットワークはコンデンサのペアリングがしてなくて、左右に

かなりの差があったのと、ドアの左右の鳴りが完全に合っていなかった部分など

で右と左の音が完全に合っていないと感じていたらしく、全てピュアディオ仕様に

交換したら、僅かなイコライザー調整でスパッと音がまとまりました。
 

 

 

 

 

音の仕上がりにはお客様には大変満足して頂いて、追加でダッシュボードの上に

防振メタルを貼って頂きました。

 

 


取り付けの細かい部分については、「こんなひどい仕事をする店があるというのを

ブログに是非載せて下さい。」というお客様からのご希望もあって、日ごろ写さない

部分まで掲載しています。



お客様はお車を預けられて2週間後に取りに来られて、納車日はあいにくの天気で、

雨の中岡山県まで運転して帰られました。

 

 

 

 

遠方よりのご来店ありがとうございました。

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります