2016年12月12日(月) 10時23分27秒

ハリアーG’s JBLサウンド車の音質アップ

テーマ:カーオーディオについて

 

今日ご紹介する1台は先日の福岡店の作業からハリアーのG’sです。
 

 

 

 

 

工場装着の大型画面のナビオーディオを装着した状態で入庫となって、ベーシック

パッケージの取付と、ベーシック防振の施工のWパッケージの作業を行いました。
 

 

この一体パネルのナビはJBLサウンドシステムとセットになっていて、デザインの良さ

から選択される方が多いのですが、「プレミアムサウンドという割には期待したほどの

音質ではない。」と不満を持たれている方が多いのも現実です。




システムの主な特徴はラゲッジの右サイドにJBLのマーク付のサブウーファーが

付いていて・・

 

 

 

 

ドアスピーカーは音響レンズとトヨタが呼んでいるプラスチックの穴が沢山空いた

ふたが付いていて、ここで中音域を抑えて低音のみの再生にしている様です。

 

 

 

 

ダッシュの上にはコアキシャルの中音と高音を鳴らすスピーカーが付いていて、これで

前席からすると4WAYのスピーカー構成となっています。
 

 

 

 

これまで入庫されたお客様が皆さん不満に思われているのが高音のヌケの悪さで、

デリケートな高音がこのグリルでおとがひかかり、更にガラスの反射で聴くと悪条件

のために、ダッシュからは中音域のみの再生で、高音は別に再生させます。

 

 

 

 

ピュアディオブランドのATX-25ツイーターにスタンドで適切な角度を付けて、これまで

向きと抜けと質感が悪かった部分が大幅に改善出来ます。

 

 

 

 

コアキシャルの状態からセパレートに変更させて、周波数レンジとインピーダンス

とレベルを調整するのは、グローブボックスの下に仕込むハリアーJBL車専用

チューンのピュアコンです。

 

 

合計12種類あるブラックボックスの中で最もインピーダンスが低くて、最もレンジが

広いのがハリアーJBL用のユニットです。




今回はWパッケージの作業なのでドアの内貼りを外して、防水シートをはがして外板

裏の何も貼ってない部分にベーシック防振の施工を行います。

 

 

 

 

図面を見ながら指定された場所に指定された材質を貼って行きます。

 

 

 

 

 

最初に指で軽くはじいて、ここが響きの中心であると確認してからマットとメタルを

貼って行きます。

 

 

 

 

メタルは一見同じ材質の塊に見えますが、実は多重構造になっていて、材質の共振点の

違いを利用して、少ない面積でも強い防振効果を持たせています。

 

 

 

防振作業は余分な残響が消えてスピーカーの音のキレが良くなったり音圧が増したり

しますが、それ以外では外からのロードノイズの進入を防ぐというメリットもあります。


ハリアーの内貼り裏には白い防音材が貼ってありますが、その手前でベーシック防振

でノイズレベルを下げているので、更に静粛性はアップします。

 

 

 

 

ドアの内貼りを組み付けたらWパッケージの作業は完了です。

 

 

 

 

ピュアディオ推奨のエージングCDを何枚か再生して新品のツイーターの音を慣らし

てから、ナビオーディオの3トーンとフェダーを調整して音を整えます。

 

 

 

 

 

見た目はツイーターがダッシュに乗っただけですが、光沢があってゴージャスな

JBLサウンド車のナビオーディオの音は格段に良くなりました。
 

 

 

 

 

個性的なハリアーG’sは、クリアーでパワフルなサウンドにグレードアップして、

特別な一台となって出庫されました。

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります