2016年12月07日(水) 12時35分33秒

トヨタ・アイシス  カーオーディオの音質アップ

テーマ:カーオーディオについて

 

今日ご紹介する1台は先日の札幌店の作業からトヨタのアイシスです。

 

 

 

 

オーディオレス車にナカミチのCD-700Ⅱとストラーダのナビを取り付けています。

 

 

 

 

スピーカーはフル防振の後に交換してあり・・
 

 

 

 

ドアの防水シートを一度外して、外板裏のベーシック防振とサービスホールを塞ぐ

防振を行ないます。

 

 

 

 

最初に工場で貼ってあった防振材は隙間から水が浸み込んで、直ぐに剥がれる状態

でしたが、ドア内の油分をふき取って、新たに貼る物は剥がれない様に貼り付けます。

 

 

特に梅雨時期や冬に貼った物は剥がれ易いので、エアコン付きのピットで一定の温度

・湿度の状態で施工しています。



次に外した内張りの裏側に粗目を付けてから、セメントコート剤を塗りこみます。

 

 

 

 

内張りにはアウター・スラントの加工を行ったバッフルを取り付けて、JBLの60周年記念

モデルの13センチミッドを取り付けました。

 

 

 

 

ノーマルの内張りと比べるとこんな感じで、平凡な内張りがキリッと引き締まったのが

お分かり頂けると思います。

 

 

 

 

ツイーターはJU60をワイドスタンドを製作して、ダッシュに取り付けています。

 

 

 

 

ツイーターの根元まではピュアディオブランドのPSTケーブルで音をひいて来ていて、

JU60には細いリード線が付いていないので、細い銀コート線を取り付けて、短い距離

も低ロスで伝送しています。

 

 

 

 

元々2DINスペースしかなかったアイシスは・・

 

 

 

 

シフトの下に加工を加えて2DINスペースを増設して、ナビのハードディスク部分と

アルパインのDVDプレイヤーを取り付けて・・

 

 

 

 

合計4DINの取り付けを行っています。

 

 

 

グローブボックス下のピュアコンについてはこれまで何度も書いているので、

今日は省略します。



CD-700Ⅱがアンプレスのデッキなので、運転席のシート下にナカミチの

PAー1002Nを取り付けています。

 

 

 

 

 

このアンプは簡単なチャンネルディバイダーが内蔵されているのですが、そこはピュアディオ

使う事が無いので、その部分をストレート化して、音質の向上を図っています。


他にも細かい所に改良が加えられていて、メーカーが発売した当時のクオリティーより

も上の物にして販売していましたが、先日山陽小野田市の流通倉庫を見てみたら、もう

ほとんど在庫が無くなっていました。


フロント2WAYのシンプルなシステムですが、アイシスの便利な機能を損なう事無く、音を

極めた1台に仕上がって納車されました。
 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります