2016年12月02日(金) 11時32分38秒

レクサスIS カーオーディオの音質アップ

テーマ:カーオーディオについて

 

今日ご紹介する1台は先日の宇部店の作業からレクサスのISです。

 

 

 

 

 

全車異型パネルの専用ナビオーディオ付きのお車で、ベーシックパッケージの取り付けと、

ベーシック防振の施工のWパッケージの作業を行いました。

 

 

 

 

ドアには丸型のウーファーが付いていて、車両の多チャンネルアンプから低音のみが

送られて来ています。

 

 

 

 

内張りを外すと裏には吸音材が貼ってあって、外からのロードノイズの進入を防いでいます

が、外板裏にベーシック防振を加えて、更なるロードノイズの防止と音質アップを図ります。

 

 

 

ウーファーのネジを4本外して・・

 

 

 

 

ユニットを外すと、外板裏には最小限の防振材しか貼ってありません。

 

 

響きのポイントに防振メタルと防振マットを貼り合わせて、外板裏全体の響きを

スムーズに静めます。

 

 


次にダッシュの上の中高音を鳴らすスコーカー部分に手を入れます。
 

 

 

 

一ヶ所で中高音を鳴らしているので、高音を分離されて別なツイーターで再生させます。

 

 

 

 

このスコーカーはエンクロージャーに入っていて、ダッシュボード裏に音が回り込まない

様にしてあります。

 

 

 

 

スコーカーから独立させた高音はダッシュ上にスタンドを使って仰角と振り角を付けた

ATX-25ツイーターに任せます。

 

 

 

 

ダッシュの真ん中にはセンタースピーカーが付いていて、純正の状態では左右のスコーカー

からの音ではスピーカーとスピーカーの間に浮いて来る音が少なかったのでセンターに頼っ

ていましたが、ベーシックパッケージ装着後では逆にステレオ効果の邪魔になるので、セン

ターのレベルは下げてバランスを取りました。

 

 

 

 

スコーカーと後付けツイーターとセンターのバランスはグローブボックス下に仕込んだ

ピュアコンで行い、ダッシュ上の5つのスピーカーの音のつながりとレベルと音色を絶妙

に調整しています。
 

 

 

 


最後にナビオーディオの音調整機能を操作して更に音を追い込み、レクサスISのベーシック

のWパッケージの作業は完了しました。
 

 

 

 

 

プレミアムなレクサスの純正のプレミアムオーディオですが、サウンドピュアディオが手を

入れる事によって、更にプレミアム度が増して出庫されました。

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります