2016年10月26日(水) 12時27分52秒

BMW・120 カーオーディオの音質アップ

テーマ:日々の雑想

 

今日ご紹介する1台は先日の札幌店の作業からBMWの1シリーズです。

 






全車専用のナビオーディオ付きのお車で、既にピュアディオのシステムが付いている状態

からのシステムアップを行ないました。





ツイーターはベーシック用の物からJU60に交換して、ワイドスタンドをワンオフで製作して

います。





現在のBMWはドアの上の方のグリップの前にスピーカーが付いている物が多く、スピーカー

の選択やセッティングには非常に苦労します。





ドアの中には過去にとても売れたナカミチのSP-40の構造をそのままに、マグネットサイズ

を少し小さくして3穴でBMWに合わせた、通称SP-40BMWを取り付けています。



上半分に銀色が見えるのは、金属シートを切り込んで半円状にしたレインガードを作ってい

て、大雨でもマグネットや端子が濡れない様にしてあるらです。

 

 


また現行BMWはシート下に薄型ウーファーが付いていて、ドアスピーカーが口径が小さくて

低音が出ないのを補っています。


 

 



小型のマグネットで薄型の純正を取り外して・・





JBLのP660のミッドバスをグリルの上に穴を開けて、マグネットの頭が少し出る状態で取り

付けました。



 

 


これでシート下低音⇒ドア中音⇒ダッシュ高音のフロント3WAYスピーカーが完成しました。







他にはラゲッジのサイドにナカミチのパワーアンプを取り付けて、車両のアンプのスピーカー

出力をピュアディオチューンのハイローコンバーターでRCA化して入力しています。





音が出る様になったらグローブボックス下のピュアコンのパーツの組み換えを行なって、6個

のスピーカーの音のつながりを調整します。



JU60を使用した場合はブラックボックスを4連で使うのが前提となっているので、普通よりも

多いユニットで複雑な調整を行っています。

 



現在札幌店には測定器が置いてあるので、ブラックボッククスの中を開けてカスタマイズ出来

る様になっています。

 



こちらのBMWのデモカーのデーターを元に中をカスタマイズして、更なる音質アップを図って

います。



最後に純正ナビオーディオのバス・トレブル・フェダーを調整して音を整えます。





ダイヤル操作でナビオーディオを操作しますが、このダイヤル方式の元祖はBMWですね。





スピーカー交換とアンプの追加を行なって、BMW120は音が更にクリアーでパワフルに

なって出庫されました。

いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります