2016年10月22日(土) 12時58分57秒

アバルト595 カーオーディオの音質アップ

テーマ:日々の雑想

 

今日ご紹介する1台は先日の宇部店の作業からアバルト595です。






純正のCDチューナーの状態で入庫となって、楽ナビとベーシックパッケージと、ドアスピー

カーの取付を行いました。





インパネを2DIN用に交換して、カロッツェリアの楽ナビを取り付けました。



上のCDチューナーと比べると、エアコンの吹き出し口が変わっていて、パネル交換以外に

見えない部分にかなりの加工が必要です。

 

 


ドアスピーカーは純正の16センチの薄型が付いていて・・





そこを取り外してレインガード付のインナーバッフルを製作して・・






サイズを13センチに絞って、ストロークの大きいISP-130を取り付けました。





ドアスピーカーは価格を決めて銘柄はお任せだったのですが、同じ価格でも車とのマッチング

が良い物を選ぶという事で、16センチサイズでも奥行きが少ないJBLのGTO609Cのミッド

も取り付けて、相性の良い方を選びました。



結果はドアが薄く容量が少ないので、少ない容量でも低音が出るGTO609Cのミッドのみを

取り付けて・・



ツイーターはピュアディオブランドのATX-25を取り付けて、19ミリのGTO609Cのツイータ

ーでは再生出来ないレンジの広い高音を出して、メーカーのセットでは表現出来ない音を再

生しています。





当然の事ながらメーカー製のネットワークは仕様せず、何種類かのピュアコンのパーツを車

の横まで運んで・・




あれこれと組み合わせを変えながら音を追い込んで行きます。





アバルトのスピーカーグリルは大きさに余裕があって穴数も多いのですが、ヌケは決して良く

ないので、ドアスピーカーの上限を決定するコイルの巻き数は少なめで聴感上でフラットにな

る様にします。





最後に最新の楽ナビのサイバーナビと同じバンド数になったイコライザーを調整します。





お客様には外でエンジンをかけて試聴して頂きましたが、音は気に行って頂いたものの、59

5のエンジン音がかなり大きくて、防振の作業を追加する事となり、もう一度ピットに入る事に

なりました。





お客様は代車はいらないから自宅まで送って欲しいと言われたので、自分がBMW340ツー

リングでお送りました。



340はマフラー音が大きい割には車内で静かで、「BMWだから静かなんですかね?」と聞か

れましたが、最初はたたくとボコボコ鳴っていた内貼りもセメントコーティングで静かになって

いて、お客様も防振の重要さを助手席に乗られて体感されました。





フロントとリアの4枚セメントコーティングを行っているので、ノーマルとは静粛性にかなり差が

出ています。




アバルトも防振でどこまで快適になるのか、今からワクワクしています。

いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります