2016年10月21日(金) 11時48分45秒

ホットハッチが2台

テーマ:カーオーディオについて

 

昨日は丸一日宇部店にいて、夕方にはアバルト595が完成して、ACCポジションが無い

車種だったので、ピットから外に出してエンジンをかけて音調整を行っていました。

 

 

 

そこにもう1台ルノー・ツインゴの限定車も作業が終わってピットから出てきて・・



ヨーロッパの小型のハッチバックのいわゆるホットハッチが偶然2台並びました。
 

 

 

たまたまですがこだわりのある車種が2台並んで、「車にこだわりのある人は音にもこだわる

んだ。」と思いましたが、良く考えたら全てのこだわりのある車に乗っている人がオーディオに

こだわる訳でもないとも思いました。


車にこだわっていても音にはこだわらない人の方が多く、普通の車に乗られていても音は絶

対に譲れないし、そこにはお金を惜しまないという方もあり、一番多いのは車にも音にもこだ

わらないというドライバーでしょう。


そんな事を考えていたら、音にこだわるというのもサウンドピュアディオ以外で満足されている

人もいれば、サウンドピュアディオじゃないと満足出来ないという方もおられるので、多くの選

択肢の中から普通のカーオーディオでは無い当店を選ばれた方とは運命的な出会いではな

いかと思いました。


今カーオーディオ業界はダイヤトーンの新製品の話が主流になっていて、サウンドピュアディ

オでは入荷の予定も無ければカタログも来ない状態で、我ながら「これでよく商売が成り立っ

ているな。」と驚いています。


人とは同じ物が嫌という人が後付けのカーオーディオを選んでいて、その後付の中の更にこ

だわりを持たれている方がサウンドピュアディオを選ばれるので、ものすごくニッチな狭い所で

商売しているのかな?と思った昨日の夕方でした。



そういえば最近県外から来店されたお客様から、「カー用品店やタイヤ屋さんでベーシックパ

ッケージだけを扱う『ベーシックショップ』をあちこちに作ってもらったら便利になるんですけど

ね。」というお話を頂きました。


確かに販売数の7割ぐらいがベーシックパッケージなので、そこだけを販売する『販売協力

店』を作れば遠くから足を運ばなくて便利なのですが、今のベーシックパッケージは第三世代

になっていて、1種類のツイーターに対して車種に合わせてボックスやコイルの種類がとんで

もなく増えて来ています。

 

 

 

 

 

今までに何件かベーシックパッケージを販売したいというお話がありましたが、「全ての種類

を在庫して、販売して切れたら絶対に補充するという条件が守れたら取引します。」と言ったら

必ずしり込みされます。


かなりの数が売れても4年から5年は絶対に元が取れない計算になるので、今売って直ぐに

儲けが出ると考えておられる方には無理でしょう。


車のこだわりの話から途中でかなり方向が変わってしまいましたが、こだわりがわるからこそ

カーライフやオーディオライフが面白くなって、カーオーディオはカーライフとオーディオライフ

の二つが同時進行になるので、本当に面白いというか、醍醐味のある趣味だと思います。

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります