2016年10月03日(月) 11時10分22秒

マークⅩ・G’s カーオーディオの音質アップ

テーマ:日々の雑想

 

今日ご紹介する1台は先日の札幌店の作業から、トヨタのマークⅩのG’sです。






カロッツェリアのサイバーナビとトレードインスピーカー、そしてアルパインのパワードのウー

 

ファーが付いている状態で入庫となって、ベーシックパッケージの取付を行いました。








ドアの内貼りを外すと純正のスピーカーコードから音が取ってあって・・





エレクトロタップでプラスとマイナスにつないであります。





コード側が細いので、ちょっと噛みこんで通電しているというぐらいのつながり方です。






スピーカーを外したらドアの外板裏にネットワークが貼ってあって、鉄の影響も磁気の影響も

 

受けている状態でした。






ベーシックパッケージでネットワークの動作をしているのはグローブボックス下のピュアコン

 

で、磁気の影響を受けない位置で、下にMDFのいたをひいて鉄板から少しでも距離を置くの

 

と、解像度が少しでも上がる様にと材質にもこだわっています。





ドアの中にネットワークが付いているとトレードインのツイーターもドア側に付いていて、この

 

位置ではミッドに対してツイーターが近すぎます。





ダッシュ上にATX-25ツイーターを取り付けて、上質な高音を良い場所から降り注ぎます。





またATX-25の根元まではピュアディオブランドのPSTケーブルで伝送していて、トレードイ

 

ンの細いケーブルに比べたらかなりの低ロスで伝送です。





これまでサイバーナビからの音はドアスピーカーのケーブルの末端から取っていたのを、サイ

 

バーナビを一度取り外し、ナビ裏からPSTケーブルでピュアコンまで送る様にします。





ただナビ裏はアルパインのウーファー用のケーブルがエレクトロタップで取ってあって、ゴチャ

 

ゴチャ配線になっていたので・・






サイバーナビからRCAの出力が出ていたので、付属アンプまでSKYのケーブルで引いて、

 

スピーカーコードからの分岐は全て撤去しました。





これでウーファーも力強くて切れの良い音になります。





最後にサイバーナビの音調整機能を使って調整して、全てのスピーカーのバランスを取っ

 

て、全ての作業は完了です。





サウンドピュアディオのオーディオチューンで、G’sのイメージにふさわしいサウンドにチェン

 

ジしました。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。