2016年10月02日(日) 10時31分59秒

昨日はアンプのチューニングを

テーマ:日々の雑想

 

昨日は開店時間から閉店時間まで、ずっと福岡店にいました。


ピットではゴルフⅦの作業を行っていて、こちらのお車でチューニングしたアンプが必要との

 

事で、ほぼ一日かけてパーツの交換とハンダの付け替えの作業を行っていました。





まずノーマルのアンプに対して・・





チューニング側はパーツが19カ所グレードを上げた大きな物に交換しています。


あっ、上下が反対で分かりにくいので、外したパーツと入れ替えたパーツを写真で比較します。





基盤の裏は混ざりものが多い灰色のハンダの部分を・・





パーツ交換した部分以外も安いハンダを抜いて高いハンダに変えている部分があります。






福岡店では店の奥のこのスペースで作業を行っているので、実際に基盤をお見せする事が

 

出来て、基盤の色は写真で見るよりノーマルがくすんでいて、チューニング後の艶は綺麗に

 

見えると言われます。



ここのスペースではハンダ付けした後に全ての箇所にエアーで急冷却をかけていて、やたら

 

シューシュー音がしているので、初めて来られたお客様は「ここで何をしているんだろう?」と

 

思われるみたいです。


メーカー品は普通に熱が冷めるまで置いておくのが、ピュアディオチューンでは全て急冷却を

 

かけているので、何度もハンダ小手とエアーダスターとの持ち替えが必要で、昨日は肩がこっ

 

たので、仕事が終わって直ぐに整体に行きました。



これまではピュアディオが希望する音色であまり電気を食わなくて、価格が5万円前後という

 

モデルが無かったのでチューニングモデルを販売して来ましたが、6万円台でJBLのGTRシ

 

リーズのアンプが発売されて、こちらとあまり差が無い様ならチューニングアンプは終了しよう

 

かなと考えています。




ただGTRのアンプでチューニングして欲しいとの希望も出ていますが、パーツ交換を含むチュ

 

ーニングは自社保障の自社修理を行わないといけないので、なるべくメーカー品のノーマル

 

を販売したいと思っています。


現在自分のBMWでGTRシリーズのノーマルアンプとピュアディオチューンのアンプの比較試

 

聴を行っていますが、GTRがパワーが大きいのに対して、チューニングアンプはパワーが少

 

ないながらも手組ならではのヌケの良さもあります。


チューニングを続けるかやめるか、かなり迷っています。

いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります