2016年09月18日(日) 10時54分05秒

ハリアー・JBLサウンド車の音質アップ

テーマ:カーオーディオについて

 

今日ご紹介する1台は、昨日の福岡店の作業から現行型のハリアーです。

 

 

 

 

トヨタ純正の工場装着のナビオーディオが装着された状態で入庫となって、ベーシック

 

パッケージの取り付けと、ベーシック防振の施工のWパッケージの作業を行いました。
 

 

 

 

この工場装着のナビは光沢のあるパネルと一体化でとても人気がありますが、純正の

 

JBLスピーカーとアンプがセットになっていて、スピーカー交換には難がある車です。

 

 

 

 

まずフロントのドアスピーカーは音響レンズと呼ばれる穴が空いたプラスチックの板が前に

 

付いて、中音を再生し難くして低音のみの再生としています。

 

 

 

 

ダッシュにはスコーカーとツイーターが一体化したコアキシャルのスピーカーで中高音を

 

鳴らしていますが、この組み合わせが音が良くないとあまり評判は良くないです。

 

 

またドアのウーファーとダッシュのスコーカーが極端にインピーダンスが違っていて、更に

 

車両アンプからは帯域制限がかかった信号が送られて来ているので、市販のスピーカー

 

に交換すると音はバラバラになってしまいます。
 

 



今回はダッシュのスコーカーの横にピュアディオブランドのATX-25ツイーターを取り付け

 

て、スコーカーから独立して高音を鳴らして、音の輪郭をハッキリとさせて、音楽の表現力を

 

大幅に上げました。

 

 

 

 

車両配線から音信号を取り出してピュアコンでコントロールするのですが、今回は低

 

インピーダンスのハリアーJBL車専用のチューンの物を使用しています。
 

 

 

ちなみにここで4オームの通常のユニットを使うと、インピーダンスの整合性が悪くて、音が

 

詰まって聴こえます。



中高音の改善を行なったら次は低音の改善で、ドアスピーカーは音響レンズでスピーカー

 

前に制限を付けている分ほど後ろへの跳ね返りが多く・・

 

 

 

外板裏が何も貼ってなくて残響の多いハリアーのドアでは低音がハッキリ聴こえず、ここに

 

防振メタルと防振マットを貼り合せたベーシック防振の施工を行なって、しっかりと低音を置

 

け止める様にします。

 

 

 

 

入り組んだ所にもサイズが小さくて比重が重いメタルはピタッと貼りついて振動を抑えて、

 

低い響きの部分には防振マットを貼って、トータルでドア全体の響きを静めます。

 

 

 

 

ハリアーは響きのポイントを示した手順書があるので、それに従って最初はメタルを貼って、

 

それからマットを貼って行きます。

 

 

 

 

ドアの作業が終わったら内張りを組み付けて、エージングCDや調整用CDを再生します。

 

 

 

純正ナビの音調整画面にして、バス・ミッド・トレブルとフェダーをほんの少し動かして、音を

 

整えたら完了です。

 

 

 

ハリアーのお客様は仕上がりの音を聴かれて直ぐに「音が全然違う!」と喜んで頂きました。

 

 

他の店では対応出来ないインピーダンスが特殊なプレミアムサウンド車でも、ピュアディオ

 

のベーシックパッケージは、専用設計のピュアコンを開発して対応しています。

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。