2016年09月17日(土) 11時51分58秒

レクサスGS カーオーディオの音質アップ

テーマ:カーオーディオについて

 

今日ご紹介する1台は先日の宇部店の作業からレクサスのGSです。

 

 

 

 

全車異型パネルの専用ナビオーディオ付きのお車で、車両に多チャンネルのアンプ付き

 

のお車で、普通にスピーカー交換が出来ない車両です。

 

 

お客様はネットでGSのオーディオの情報を探されて、地元では施工例が無かったために

 

県外から山口県観光を兼ねてご来店頂きました。


作業内容はベーシックパッケージの取り付けとドアスピーカー交換と、ドア防振の施工で、

 

1日では完成しない内容だったので1泊されている間に作業を進めました。



まずフロントのドアの内張りを外して・・

 

 

 

リアの作業も行うのでリアドアの内張りも外しました。

 

 

 

防水シートを外して中を覗き込むと、灰色の純正の防振材が貼ってあって・・

 

 

 

そこ以外の何も貼ってない部分に防振メタルや防振マットを貼って、余分な響きを抑えます。

 

 

 

マットとマットの間の狭い部分も防振メタルを使って、『カーン!』という高い音の響きを

 

減衰させます。

 

 

 

ドア四枚のベーシック防振に加えて四枚ともセメントコーティングも行ない、音質の他に

 

静粛性と断熱性をアップさせました。

 

 

 

そして純正のフロントスピーカーは取り外して、インナーバッフルを製作して、ドアにピュア

 

ディオブランドのPSTケーブルを通しました。

 

 

 

その後インナーバッフルの上にレインガードを取りつけて、JBLの16・5センチの伊ミッド

 

バスのP660を組み付けました。

 

 

 

ダッシュ上の純正ツイーターは鳴らない様にして、スタンドを使って角度を付けたピュア

 

ディオブランドのATX-25を取り付けました。
 

 

 

ツイーターの音質の良さもですが、それ以上にこの取り付け方法は音楽の輪郭を自然で

 

クリアーに表現して、ヌケの悪い部分に取り付けて無理にレベルを上げて再生するのと

 

違い、少しのレベルでも良く音が通るので、かなり重要なポイントです。


 

レクサスGSにはセンタースピーカーが付いていて、純正ツイーターの時はここでボーカル

 

を浮かせていたところが、ツイーターを交換した事でスピーカーとスピーカーの間に音が

 

浮き易くなり、そのためここのレベルはアッテネーターを使って下げてバランスを取りました。

 

 

 

グローブボックス下のピュアコンではATX-25の下限周波数とレベルを調整して、ドアの

 

P660ミッドは下限周波数と上限周波数の両方を調整するバンドパスという方法で調整

 

しています。

 

 

何故バンドパスにしているかと言うと、リアトレイにサブウーファーが付いていて、ミッド

 

交換を行なう事でフロントドアの下限周波数が伸びて、ウーファーとの重なりが増えた

 

ためにそのコントロールでいつもよりパーツ点数が多くなっています。



最後に純正ナビの音調整を行ったら全ての作業は完成です。

 

 

 

 

遠方からのお客様で何度も来れないからと施工個所はかなり多めで、事前に電話で

 

対応していた専務がどんな出来か試聴していました。

 

 

前日午前にお預かりして、翌日の午後4時に納車というハードスケジュールで完成させる

 

事が出来き、ATX-25とP660ミッドでレクサスGSの純正のシステムに合わせるという

 

難しいシステムでも、見事理想的な音で鳴らす事が出来ました。

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります