2016年09月12日(月) 13時01分51秒

ダイハツ・タントの音質と静粛性をアップ

テーマ:カーオーディオについて

 

今日ご紹介する1台は先日の福岡店の作業からダイハツのタント・カスタムです。

 

 

 

サイバーナビを装着した状態で入庫となって、ベーシックパッケージとドアスピーカーの

取付をして頂いていました。

 

 

 

 

ツイーターはJBLの25ミリ外ドームツイーターに・・
 

 

 

 

ドアスピーカーはピュアディオブランドのISP-130をお使い頂いていました。

 

 

 

 

タントの純正スピーカーの位置はかなり上の方にありますが、ドアの下の方にアウター

バッフルを製作して、13センチサイズのZSP-LTD15を取り付けました。

 

 

 

 

フロントドアはISP-130を取り付けた時にフル防振にしていましたが、リアの方の防振

は施工していなかったので、スライドドアの中を防振メタルと防振マットを使ったベーシッ

ク防振の施工を行いました。

 

 

 

 

 

 

今回はそれだけではなく、ラゲッジからリアシートの足元まで内張りやカーペットを外して、

広範囲に防振する事になりました。

 

 

 

 

響きを確かめて、響く中心にマーキングしてメタルを貼る場所を決めます。

 

 

 

リアシートの下部分はこんな感じでメタルを貼っています。

 

 

 

 

ラゲッジの中も響きの中心に固いメタルを貼って「カーン!」という高い響きを抑えています。

 

 

 

 

そしてフロントの足元にもメタルを貼って、薄い金属に芯を作る事でロードノイズやエンジンの

うなり音が目立たなくなります。

 

 

 

 

 

これでZSP-LTD15のせっかくの良い音もノイズにかき消されるという心配も無くなりました。

 

 

 

 

 

次にスピーカー交換に伴う音調整を行い、グローブボックス下に取り付けているピュアコンの

パーツをISP-130用からZSP-LTD15用に交換します。

 

 

 

 

 

たたしタントのアウターバッフルでの取付は初めてだったので、何回もコイルを交換して、

ツイーターのミッドの音のつながりを調整しました。

 

 

 

 

ツイーターとミッドのつながりが決まったら、最後にサイバーナビのイコライザー調整を

行います。
 

 

 

 

 

 

何か所か1クリックづつ動かして調整して、最終的にピュアコンのブラックボックスを開けて

カスタマイズする事で、1カ所1クリック動かしただけで聴感上のフラットに到達しました。


 

 

音質と静粛性ともに優れた、特別なタント・カスタムに仕上がりました。

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。