2016年09月03日(土) 11時37分51秒

マツダCXー5の音質と静粛性をアップ

テーマ:カーオーディオについて

今日ご紹介する1台は昨日の福岡店の作業からマツダのCX-5です。

 

 

 

 

 

スピーカーグリルに『BOSE』のマークの付いたボースサウンド車で、車両に多チャンネルの

 

デジタルアンプが付いているお車です。

 

 

 

 

ナビはディーラーオプションの楽ナビと同じタイプの物が装着された状態で以前一度

 

入庫して頂いていて・・

 

 

 

 

ピュアディオブランドのATX-25ツイーターを使ったベーシックパッケージを取り付けて

 

頂いていました。

 

 

 

 

フロントドアは方ドア3面のフル防振の施工をして頂いていましたが、リアドアには

 

何も施工していなかったので、2回目の入庫でリアドアもフル防振の状態にして、

 

音質アップと静粛性アップを図りました。

 

 

 

 

 

 

他には静粛性をもっとアップしたいという事で、リアのラゲッジやシート下などかなり

 

広い範囲で防振メタルと防振マットを使用したベーシック防振の施工を施しました。

 

 

 

 

 

内貼りやマットを外して、指で色んな箇所をはじいて、響きの中心を見つけてピンポイントで

 

防振します。

 

 

 

 

黒い筋が入っている防振材はマツダの工場で施工されたもので、その隙間の響きの

 

強い部分を見つけて防振して行きます。

 

 

 

 

施工が終わって外したパーツを組み立てようと思ったら、こんなにどっさりと外していました。

 

 

 

 

組み立てが終わったら音を鳴らして、入庫時と音のイメージが変わった部分を調整

 

して行きます。

 

 

CX-5のボーズサウンド車はセンタースピーカーが付いていて、ここをそのまま鳴らせば

 

邪魔になるし、かといって鳴らさないと物足りなくて、絶妙なレベル調整が必要になります。

 

 

グローブボックス下のピュアコンもこれだけ大幅に周りに手が入ると少し変更が必要で・・
 

 

 

一度取り外してカスタマイズを行いました。

 

 

 

 

作業の最後の最後にナビオーディオのイコライザー調整を行って、大規模で何日も

 

かかったCXー5のシステムアップは終了しました。
 

 

マツダのボーズサウンド車はインピーダンスが特殊だったり、車両アンプに最初から

 

帯域制限がかかっていたりとシステムアップの自由度が無いのですが、これまでの

 

多くの施工例を元に今回は今までで最も広範囲な施工を行いました。

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。