2016年08月25日(木) 09時13分37秒

インピーダンスとは何?

テーマ:カーオーディオについて

昨日の宇部店の作業は青い車が2台でした。








奥側は縦に1台しか入りませんが手前は前と後ろから1台づつ入れて2台入ります。




これからバックでCXー3を入庫します。







CXー3はボーズサウンド車で、近くのショップではボーズ車は扱えないという事で、


わざわざ鳥取県から起こし頂きました。






システム内容のご紹介は後日ご紹介しますが、今日は地元で出来ない理由をご説明致します。






まず車両に多チャンネルアンプが付いていて、それぞれのスピーカーに周波数幅を決めた


出力が出ているために市販のスピーカーを取り付けてもバランスが合わない様態です。






他にはスピーカーにはインピーダンスという抵抗値があって、通常のショップで扱っている


スピーカーは4Ωで設計されていて、マツダのボーズ仕様は2Ω動作のために市販のスピー


カーと交換するとバランスが取れなくなるという2つの理由で取り付けを断れれるのです。





今日はCXー3のボーズ仕様のスピーカーのインピーダンスとはどういうものか、実際の測定値


をお見せします。







フロントドア用のウーファーで200ヘルツの低い周波数では2・25Ωの普通に2Ω動作です。








次に中音域のやや下の500ヘルツでは2・51Ωですから少し上昇してきています。








更に500ヘルツの倍の1キロヘルツでは3・38Ωでもっと上昇気味です。









その次に2キロヘルツにすると4・32Ωとなり、この辺りの周波数だけを測定すると、


「4Ωのスピーカーに交換しても大丈夫。」と勘違いするショップもあります。









最後に4キロヘルツを測定したら6・07Ωで2Ωの3倍になりますから、この辺りの周波数


は電流が流れにくくなり、かなり再生音が弱くなっています。



 



この様にインピーダンスは再生周波数により大きく変わって、メーカーが表示している


インピーダンスは特定の周波数だったり、使用する周波数の平均値だったりします。






よくネットワークの作り方の数式がネット上に書いてありますが、これだけ周波数によって


インピーダンスが変わると計算だけではどうにもならず、多くのパーツをあれこれと交換して、


最終的に聴感上で生音に近いポイントを探して、そのピッタリマッチングした値を同じ車種が


入庫した時に使うので、サウンドピュアディオでは2台目以降のお車ではスピーディーに作業が


出来て、なおかつツボを押さえた良い音が再生出来るのです。









追伸




交換するのはコイルだけと思われがちですが、インピーダンスが特殊な車ではブラックボックスが


専用の物が必要になり、周波数の幅も車種でまちまちですから、かなりの種類を用意してます。




AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。