2016年08月24日(水) 10時00分31秒

BMW3シリーズが納車されたものの

テーマ:日々の雑想

8月6日に納車されたBMW3シリーズ・ツーリングも一度乗っただけで、後は長い事福岡店のピットに

はいったままで、先週末にやっと宇部店に乗って帰りました。



仕事の合間合間に作業するとなかなか進みが悪く、やっとベーシックパッケージにプラスしてシート下

ウファーの交換が出来ました。




そんなBMW3シリーズも宇部店に着いた翌日には隣のカタヤマタイヤさんのピットに入りました。




タイヤが外れています。






最初から付いているコンチネンタルの225・45・18のランフラットタイヤが乗り心地が悪いと家族から

不評なので・・





ブリヂストンのレグノのGR-XIに交換しました。





カタヤマタイヤさんから「外したタイヤはどうされますか?」と聞かれましたが、ランフラットは保存して

いて、将来下取りに出す時にまた戻します。






3シリーズは乗り心地が良いはずのラグジェアリーを選んでいたのですが、足回りとタイヤのマッチング

が悪く、レグノに履き替えて本来のラグジェアリーの良さになったという感じです。




そういえば自動車雑誌の海外での試乗レポートで、「実際に装着されるタイヤとは違うタイヤでの試乗

でした。」という文章を見た事があるので、「こういう事だったんだ。」と分かりました。



履き替えて直ぐに乗ってみて、乗り心地が良くなった以外では「ゴーッ!」というロードノイズが減った

ので、同じベーシックパッケージでもまるで音質がアップした様に聴こえました。



自分みたいに新車からタイヤの銘柄を変える人はいないでしょうが、履き替えの時にのタイヤの銘柄

選びで乗り心地とオーディオの聴こえ方が大きく違うので、車の良し悪しを大きく変えると言っても

大げさではないでしょう。

いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります