2016年08月19日(金) 15時25分25秒

トヨタ・プリウスG’s カーオーディオの音質アップ

テーマ:カーオーディオについて

今日ご紹介する1台は、昨日の福岡店の作業からトヨタのプリウスG’sです。












ケンウットのナビオーディオを装着された状態で入庫となって、ベーシックパッケージの


取り付けからスタートされて、今回で4回目の入庫となりました。







まずはATX-25を使ったベーシックパッケージとベーシック防振の作業で一回目の入庫


をされて・・







2回目の取り付けでISP-130をインナー取り付けをされました。







その後ISP-130をアウターバッフルを製作して表に出されて、ドア内をフル防振されて・・







しばらく使っておられて、今回4度目の入庫でISP-130をZSP-LTD15に


交換しました。






ただ交換しただけでなく、ピュアコンのパーツの交換が必要で、ZSP-LTD15は高音の


伸びが極端に良いのでコイルの巻き数を増やしてバランスを取って、ブラックボックスの内部も


カスタマイズしてツイーターのレンジをほんの僅か狭くして、絶妙な音のバランスを取ります。






そしてケンウッドのナビオーディオ側でも調整を行って、フェダーを前に動かしてリアスピーカー


レベルを下げて・・







スピーカーの口径の設定は13センチサイズですが、LTD15はストロークが大きいので


16センチと設定します。






これはまだ動かす前ですが、ツイーターはスモール・ミドル・ラージの設定は、口径的には


ミドルですが、ATX-25はラージで十分な性能があります。






最後は13バンドのイコライザーを調整して音を整えて出庫します。




ピュアディオブランドのスピーカーは新品がピーク性能ではなくて、鳴らし込んで行った後の


状態をピークと想定して素材選びをしているので、何ヶ月か後の方が本調子が出て来ます。


いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります