2016年08月11日(木) 14時44分01秒

トヨタ・ブレイド カーオーディオの音質アップ

テーマ:カーオーディオについて

今日ご紹介する1台は先日の札幌店の作業からトヨタのブレイドです。







トヨタ純正のナビオーディオが装着された状態で入庫となって、ベーシックパッケージの


取り付けと、ベーシック防振の施工のWパッケージの作業を行いました。






ブレイドのドアスピーカーは16センチとツイーターの2WAY構成で・・







ドアの上の方に付いているツイーターはあまり鳴っている気がしないぐらいの存在感です。






ベーシックパッケージではここは鳴らさずにピュアディオツイーターに高音は任せます。





逆にドア下の16センチスピーカーは低音の存在感が有り過ぎて、バランスが悪いので


ピュアコンで制御してキレを良くします。








またドアの外板裏の残響も多く・・






何も貼ってない部分の響きの中心に防振メタルと防振マットを貼り合わせて静めます。







次にインパネを分解して純正ナビを前に引き出して、裏から音信号を取り出してピュアコンに


送ります。





一般的なスピーカー交換が純正のスピーカー配線の末端にパッシブネットワークをつなぐのに


対して、ベーシックパッケージは音の出口に直接つなぐので、分配する手前のロスがほとんど無く、


音質的にはかなり有利です。





グローブボックス下のピュアコンは通常の4ピース構成の物にオプションをプラスして増設して


いますが、基本パッケージにプラスする値はあれこれとパーツを交換して探り出しています。






ピュアコンでツイーター用の高音とドアスピーカー用の中低音に分配して、ツイーター側の


信号は根元までピュアディオブランドのPSTケーブルで送るので、ナビ裏からツイター裏まで


全てPSTで伝送しています。







ダッシュの上の見晴らしの良い場所からリスナーへ透き通った高音を降り注ぐのはピュアディオ


ブランドのATX-25ツイーターで、25ミリサイズの外ドームタイプで音を拡散しています。






ブレイドのお客様は音の仕上がりには大変気に入って頂いて、ピュアディオのステッカーも


貼って頂きました。





初心者マークが付いていたので、野田君に「家族がピュアディオのユーザーの方?」と聞いたら、


会社の先輩の方がユーザーの方で、その方のご紹介で来店されたという事でした。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。