2016年08月04日(木) 12時09分45秒

ベンツEクラス(W213)を試乗

テーマ:カーオーディオについて

昨日宇部店にベンツのディーラーさんが新型のEクラスの試乗車を持って来られました。







全長が4メートル95センチで、2000年に買ったW220のSクラスとほぼ同じ寸法


になっています。






先代のW212から今回大きく変わったのはメーターパネルです。






W222のSクラスと同じ液晶のメーターパネルですが、後から発売されただけあって、


W213の方が液晶画面がハッキリしています。





ナビゲーションの画面は縦には少ししか広がっていませんが、横には大幅に広がっています。






地図の縮尺を変えようと思ったらどこにもそれらしきスイッチは見つからず・・





横に乗っておられたセールスマンの方から、ハンドルのスイッチをなぞる様にしたら変わると


教えてもらいました。






また横に超ワイドな画面は2画面に出来て、ナビ画面がこのぐらいでも日常使いでは問題無い


レベルでしょう。






他には停車中に車両設定の画面にすると、車内のイルミネーションの色を64色に変えられる


機能もあります。






またバックカメラは通常のカメラにプラスして上から見える機能がありますが、もうこれは


常識ですね。






他に気になったのは、メーターパネルに50と文字が出ていて、ここの数字はその道の最高速度を


表示していて、スピード違反にならない様にという機能です。





外側出てライトを見たら、青いリングが有るのと、明るくて見え難いのですが、青いライン


が2本光っています。






テールライトは直接光らせるのではなく、小さな銀色の粒に一度反射させる方法で、LEDが


沢山並んでいるライトの一歩先を行っています。







最後の最後に一番肝心なのはオーディオの音で、今まではドアの下の方に16センチスピーカーが


付いていたEクラスも、今度のモデルチェンジでドアの上の方の10センチに変わっています。






この位置とサイズは気になる人と気にならない人と分かれますが、セールスマンの方の話では、


Eの前にCクラスがモデルチェンジした時に、前の位置の方が良かったと言われた方が何人か


おられたそうです。




試乗中に「何でこの位置にするんですかね?」と質問されたので、「ドアの下の16センチより


もこの方が簡単に剛性を上げられるからですよ。」と自分は答えました。




車は9速オートマチックと剛性アップと軽量化でかなり走りが良くなっていますが、自分的には


一度にナビが交換出来ないのと13センチスピーカーが付かないのとのWショックで、でも将来


的にはこの位置とサイズで良い音を出さないとビジネスにつながらないんだろうな?と思った


試乗でした。






追伸



今回試乗したグレードはE200で、200と言えばこれまではCクラスのエンジンでしたが、


9速オートマと軽量化の恩恵で、意外とスイスイ走るから驚きました。




いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります