2016年07月31日(日) 12時34分54秒

スバル・フォレスター カーオーディオの音質アップ

テーマ:カーオーディオについて

今日ご紹介する1台は昨日の福岡店の作業から、スバルのフォレスターです。








スバル純正のパナソニック製のナビオーディオが装着された状態で入庫となって、ベーシック


パッケージの取り付けを行いました。







フォレスターのフロントスピーカーは縦に楕円のトヨタサイズのグリルが付いていますが、実は


中身は16センチの丸型で・・







ダッシュの上に中高音用のスコーカーが付いた2WAY構成です。








ダッシュのスコーカーは高音域は無制限にフリーで鳴っていて、中音域の下限はここのフィルターで


決定しています。








フィルターの性能が悪くて音に艶が無いので取り外し、代わりに高性能で純正よりもレンジの


広いフィルターに交換すれば中音域は綺麗に鳴る様になります。






ただし、高音域はユニットと特性とグリルのひかかりとガラスの反射の3つの要素で理想的とは


言えないので、スタンドで角度を付けたピュアディオブランドのATX-25ツイーターに任せて


中音と高音を独立させて鳴らし、フロントトータルで3WAYのこう製にしています。






フロント3WAYに分配するピュアコンをグローブボックスの下に取り付けて・・







純正ナビを一度引き抜いて、裏のコードに金メッキのギボシ端子を取り付けて、音信号を取り


出してピュアコンへ送ります。







よくピュアコンのコイル部分の棚を撮影して、「数百種類の中から1品を選んでいます。」と


いう写真を載せていますが、実はブラックボックスは1種類だけでなく、かなりの種類があります。






ここは標準・3WAY不可の棚ですから、フォレスターのボックスはこの隣です。





フォレスターのピュアコンの組み合わせは既にマッチングが出ているので、指定された値の物を


入れて、エージング用のCDを何種類か再生した後でイコライザー調整を行います。






同じスバル純正のパナソニック製のナビでも型番が違うと音の傾向が少し違い、それぞれの機種で


生音に近い状態になる様にセッティングします。





自分は完成後に直ぐに福岡店を出発して山口へと向いましたが、夕方お客様がフォレスターを


取りに来られた時に、「純正でもこんなに音が良くなるんですね!」と驚いておられたという


事でした。




本当は純正のクセは付いていないがかったるいスピーカーをあれこれ工夫しているからこの音に


なっていて、国産のトレードインスピーカーの様に最初から車のドアでこもりやすい周波数を


弱く再生する様な小細工がしてあるスピーカーでは真の感動を得る事は出来ません。





今回のベーシックパッケージはブラックボックスとコイルとフィルターの組み合わせと、歌って


いる本人の声を知った上でのツボを得たイコライジングの4つの要素によって生の音により近い


音を再生しています。






追伸



ベーシックパッケージの作業中にはバッテリーチャージを行なって、納車の時にはフル充電の


状態にしてあります。





意外と知られていませんが、出庫時フル充電というのがピュアディオの心遣いです。





それと福岡店の店頭にはスバル車の実際のスピーカーを使ったベーシックパッケージのパノラマ


展示がしてありますが・・






せっかく交換しているスコーカーのフィルターが無いので、追加しないといけないと思いました。

いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります