2016年07月30日(土) 11時08分35秒

ホンダ・CR-V スピーカーの音質アップ

テーマ:カーオーディオについて

今日ご紹介する1台は昨日の福岡店の作業からホンダのCR-Vです。










ホンダ純正のナビオーディオが装着された状態で入庫となって、ベーシックパッケージの取付と


前後のドアにベーシック防振の施工を行って頂いていました。







今回は2度目の入庫で、純正のドアスピーカーをピュアディオブランドのISP-130に


交換しました。








ベーシックパッケージは最初に上質なツイーターとネットワーク部のピュアコンにコストをか


けているので、安いセパレートスピーカーを買って満足出来なかったらツイーターもミッドも


ネットワークも使い物にならないから全て買い換えという様な、『安物買いの銭失い』にならな


いというメリットがあります。




中途半端な2WAYよりも純正スピーカーに上質なツイーターの方がはるかに良い音というのは、


あまり知られていませんが、分かる人には分かる常識になりつつあります。






取り外した16センチスピーカーの後には13センチサイズに合わせたインナーバッフルを


製作して、ドアにピュアディオブランドのPSTケーブルをはわします。




スピーカーケーブルを上質な物に交換したら音質はアップしますが、以前他のお店で取り付けた


純正のスピーカーに高いケーブルを引いて鳴らしている車を聴いた事がありますが、これは妙に


中音と低音の間が濃くなってバランスが悪く、ピュアディオの純正スピーカーは純正ケーブル


で、後付けスピーカーは高級なケーブルという考えは的を得ていると思います。





ちなみに純正スピーカーに別ケーブルを引いていた店は何年も前に閉店しています。






そしてインナーバッフルにISP-130を取り付けて、周りにシール材を貼ったら・・






内貼りを組み付けてドアの作業は完了です。







スピーカーの交換が終わったらCDで音楽を再生して、グローブボックス下のピュアコンの


パーツの値を交換して、ツイーターとドアスピーカーの周波数帯域の割り振りを決定します。







ドアスピーカーの性能が上がり中高音の伸びて来たので、ツイーターの下限の周波数との


かぶりが出て来ました。







ピュアコンのコイルの巻き数を増やしてISP-130の上限周波数に制限をかけてバラスを


取りますが、ATX-25ツイーターの下限周波数もブラックボックスの内部に手を入れて上げ


る方向に振って、フロント2WAYのスピーカーのバランスは最も生音に近いポイントに達しました。






純正ナビのバス・トレブルはセンターのままで、前後のフェダーは後ろのスピーカーの音を弱く


して、フロントのステージの音に対して後ろから残響音が聴こえるという設定にして、セッティ


ングを終了しました。






音調整機能の中には車速連動音量の項目があって、ここをオンにしても良い音になる様に音を


詰めていましたが、やはりオフにした方がやや音がスムーズですね。






最終的に音質を取るのか便利さを取るのかお客様の判断にお任せします。



今回はドアスピーカーとスピーカーケーブルの交換と、ピュアコンのパーツのはめ替えの比較的


シンプルな作業でしたが、納車時にお客様に大変喜んで頂いて、「ツイーターとミッドが別々に


取り付けられるシステムを考えて良かった!」と思いました。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。