2016年06月27日(月) 11時35分44秒

マツダ・デミオ カーオーディオの音質アップ

テーマ:カーオーディオについて

今日ご紹介する1台は先日の宇部店の作業からマツダのデミオです。








マツダコネクト付きのお車にナビゲーションの交換とベーシックパッケージの取り付けを行いました。








まずマツダコネクトのディスプレイ部分を取り外し、ディスプレイの延長コードを製作します。









当社のデモカーの赤いデミオはディスプレイをグローブボックスの中にしまっていますが、


こちらはシフトの前に移設しています。








こんな狭いスペースに付きそうもないのですが、実はディスプレイを斜め上を仰ぐ様に


取り付けたら入れる事が出来ました。








ナビゲーションは今は製造されてないカロッツェリアのサイバーナビの1DINタイプで、


当社のデミオと同じ物です。










デミオのマツダコネクトの車両アンプはCX-3と比べてかなり低いので、ベーシックパッケージは


ドアスピーカーの交換して能率を上げるため88000円となります。





今回はナビがサイバーナビを使用して出力が強いので、純正スピーカーでも十分押せるので


CX-3と同じ様にそのまま使用します。








外板裏に防振メタルと防振マットを貼って、インナーパネルのプラスチックの鳴りの


大きい部分にもメタルを貼って・・









更にドアポケットの内側にメタルを貼って、ゴルフⅦと同じ様な3ヶ所に分散したベーシック防振を


行ないました。








リアの内張りも外して、こちらは音質よりも静粛性アップのために施工します。








更に前後のドアにセメントコーティングを行なって、ピュアディオのデモカーのデミオと


同じ仕様になりました。








デミオの純正ツイーターの位置はダッシュ上の先端にあって、これだけで見るといい位置に見えますが・・






スタンドを使って取り付けたATX-25と比べると、ガラスの反射の影響を受けるという


のがよくお分かり頂けるでしょう。






見晴らしのいい位置から、ストレスなく上質な高音をふりそそぎます。





グローブボックス下のピュアコンは、当社のデモカーで時間をかけて選んだ値と同じ物を


付ければピークポイントに達します。








最後にサイバーナビのイコライザーをほんの少し動かして、音を整えたら作業は完了です。








今回の作業の間デモカーのデミオは福岡店にあって、他のお客様にデモしていましたが、


ダッシュのスタンド部分は福岡でデモカーの寸法を測って製作して、それを宇部店に送って


取り付けました。







デモカーがあるから作業はスムーズに進んだと言いたいところですが、それでも作業には


かなりの日数を要しました。

いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります