2016年06月23日(木) 14時40分46秒

ホンダ・N‐ONE カーオーディオの音質アップ

テーマ:カーオーディオについて

今日ご紹介する1台は先日の福岡店の作業からホンダのN‐ONEです。







九州旅行を兼ねて愛知県名古屋市からお越し頂きました。








以前にZSP-MIDとユニコーンツイーターを購入して頂いていて、今回はシステムアップの


ための入庫となりました。











内容はサブウーファーとチャンネルディバイダーの取り付けと、フロントのスピーカーケーブルの


交換を1日半で行なうスケジュールで、事前にN‐ONEに合うエンクロージャーを製作していました。









ウーファーはピュアディオブランドのZSP-SS25で、25センチサイズですが


量感よりも質感を重視したユニットで、あまりウーファーが鳴っていると感じ


させる事が無いので『ステルスウーファー』と呼んでいます。






ユニットを守るためにグリルを取り付けたらウーファー部分は完成です。








それとウーファーの鳴りにつられて鳴らないのと、外からのロードノイズの防止のために


リアハッチにベーシック防振の施工を加えました。








フロントスピーカー周りはピュアディオブランドのSKYー3のスピーカーケーブルに交換しました。








アンプは4CHの物の2CH部分でフロントを鳴らしていて、リアの2CH分が余っているのを


ミックス・モノにして、手前にチャンネルディバイダーを取り付けて、音域をフロント中高音の


リア低音に分配しました。








デッキはCD-700KKとサイバーナビで、両方の機器の色々なソースで音がきちんと


鳴っているか確認しました。








ただ以前乗られていたお車から移設されてお使いのロジュームメッキのRCAプラグの部分が


あったので、ここを最新の金メッキの物交換して、素の音に近い状態しました。








そしてもう一度鳴らしてみたら全ての音源で音は滑らかになって、サイバーナビのイコライザーの


プリセットフラットと、カスタムでフラットにしている状態の差がハッキリわかるぐらいの


ストレートでスムーズな音に変わりました。









お客様からは名古屋に帰られた後に、「フロントの鳴りが行きと帰りで全然違いました。」


というメールを頂きました。






以前ホームオーディオの高級店でロジュームメッキが接触抵抗が少ないから言われて音が良いと


思っていましたが、2006年からアーティストさんの生の声を聞いたり、実際にデモカーに乗


って音を確認して頂く様になってからは、「スタジオでロジュームは使っていないし、素の音と


どこか違う様な?」と思い始めて、金メッキで先端の当たり方を工夫した物を使う様になりました。




「もっと早くアーティストさんとの交流を始めていたら、何年か早くお客様に本来の音に近い


状態で聴いてもらえたのに。」、と過去の音造りを反省をした取り付けでした。

いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります