2016年06月20日(月) 19時37分24秒

マツダ・CX-3  カーオーディオの音質アップ

テーマ:カーオーディオについて

今日ご紹介する1台は本日の宇部店の作業からマツダのCX-3です。







何と三重県鈴鹿市からお越し頂きました。






今までに県外から来店されたCX-3の方はBOSEサウンド車で、近くでシステムアップ出来る


店が無いからと、遠くからはるばる来られていましたが、今回は標準のマツダコネクト車で、


少し離れたカーオーディオの専門店でスピーカー交換やデッドニングやプロセッサーアンプなど


の取り付けが可能な中、わざわざ当店を選んで頂きました。






取り付けた内容は純正スピーカーにピュアコンとツイータープラスのベーシックパッケージと、


ベーシック防振の施工をして頂きました。






フロントだけでなく、リアドアにもベーシック防振を行ないました。






CX-3はリアドアは面積は狭いけれど剛性が弱くて響くので、外板裏の鉄板の響きを静めると


車が静かになります。





吸音材の白い綿が内張りに貼ってありますが、手前の外板裏で一度ロードノイズを下げている


ので、より効果的です。







ドアの作業が終わったらマツダコネクトの車両アンプから音信号を取り出して、グローブボックス下に


取り付けるピュアコンから純正のドアスピーカーとダッシュのツイーターに分配します。






純正のツイーターを取り外して、デミオのツイーター無しのグレード用のカバーを持ち込まれたので、


それを取り付けて、ピュアディオブランドのATX-25ツイーターを角度を付けて取り付けました。





外した純正ツイーターの後ろには下限の周波数を決定するフィルターが付いていますが、ここの


役割をピュアコンのブラックボックスの半分以上のスペースを使って行い、高音質を実現しています。





それと今回のCX-3にはレカロシートが装着されていて、純正シートと着座位置が違ったので、


ツイータースタンドの角度は手順書と違う角度を選びました。






基準のスタンドと5度違いの物を並べて確認して、仰角の違う物を選びました。





全ての取り付けが終わったら自分のテスト用CDとお客様の音源とを交互に鳴らして、音調整を


行いました。







着座位置の違いからツイータスタンドの仰角を変えているので、それに合わせてピュアコンの


コイルの巻き数を半周変えて音をマッチさせました。






おっと!よく見たらマニュアル車でした!





フェダーを僅かに前に振って、バス・トレブルはほぼ中央で良いようにピュアコンで調整しています。






納車前に少しお客様とお話して、近いうちにあるアーティストさんのコンサートに行かれる


と言っておられました。




実はそのアーティストさんは自分と付き合いのあるレコード会社の方の紹介でお会いした事が


あって、デモカーを聴いて驚かれたというお話をしました。





「音のいいカーオーディオというから、普通のカーオーディオの音でどれだけ良くなるかと


思っていたら、まるでレコーディングスタジオの様な音がした。」とそのアーティストさんから


言われたのですが、実際にそこのレーベルのスタジオに別なアーティストさんのレコーディング


で入った事があって、「このCDをレコーディングしたスタジオの音をイメージしたからこの音


になったんですよ。」と話した事を思い出しました。





その話を聞いて、「遠くから足を運んで良かった。」とお客様は喜ばれて、三重県へと帰られました。





遠方よりのご来店ありがとうございました。

いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります