2016年06月04日(土) 10時40分26秒

レクサスIS カーオーディオの音質アップ

テーマ:カーオーディオについて

今日ご紹介する1台は先日の福岡店の作業からレクサスのISです。






全車異型パネルのナビオーディオ付きのお車で、純正システムにベーシックパッケージの


取り付けと、ベーシック防振の施工を行ないました。






この年式のISはフロント3WAYのスピーカー構成になっていて・・







ドアの下部の16センチウーファーは車両アンプから低音のみが送られています。






ドアの上の方には中音用のスコーカーが付いていて、低音をカットした中高音が送られて


来ています。






内張りの上に乗っかる様にツイーターが付いていて、これでフロント3Wのところを、ドアの


ツイーターを鳴らなくして、ダッシュの上にスタンドで角度を付けてピュアディオブランドの


ATX-25ツイーターを取り付けました。






この位置とこの角度は純正位置に比べたら音の広がりが全く違い、直ぐ横から鳴る時の抑圧感も


ありません。





ISの左右のダッシュの傾斜は違いますが、左右で違う仰角のスタンドを使っているので、


取り付けた後の左右のツイーターは同じ仰角で付いています。






次にドアの中に防振メタルと防振マットを貼り合せるベーシック防振を行ないます。




この年式のISはドアの中に防振マットが沢山貼ってあって・・






低い響きはそこそこ取れているものの、高い周波数の響きが取れていないので、防振メタルを


メインに防振しました。







テレビでも紹介された、防振マットでは取れない高い響きをダウンさせる多重構造のメタルを


使っています。






防振作業が終わったらドアの内張りを組み付けてドアの作業は完成です。






グリルの上にはJBLのプレミアムサウンドを示すエンブレムが付いていますね。





車両アンプからの音信号を取り出して、グローブボックス下のピュアコンに送ります。






レクサスは年式やグレードで微妙に特性が違うので、ブラックボックスやコイルをあれこれと


交換して、フラットな特性に近くなる様な組み合わせしています。







パーツの組み合わせが出来たら最後にバス・ミッド・トレブルの2トーンのフェダーを調整


して音を整えます。







入庫時には耳の錯覚を利用して音を良く聴かせていたところが、立体的で生音に近い作り物感を


排除したクリアーな音に変わりました。








追伸

作業の途中で福岡店のピットを撮影しましたが、一番上の写真とどこか違います。




赤いISの横のS660の色が白から黄色に変わっています。




白いS660の作業終わりに赤いISが入庫して、ISの作業の後半に黄色いS660が入庫


したので、まるで白いS660が黄色に変わった様に見えました。

いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります