2016年06月01日(水) 12時34分32秒

ランドクルーザープラド カーオーディオの音質アップ

テーマ:カーオーディオについて

今日ご紹介する1台は先日の宇部店の作業からトヨタのランドクルーザー・プラドです。








トヨタ純正のナビオーディオを装着した状態で入庫となって、ベーシックパッケージとベーシック


防振をさせて頂いていて、今回は2度目の入庫です。






スピーカーは純正からカロッツェリアのセパレートのトレードインが装着されていたのを、


まずツイーターとネットワークを取り外し・・






純正よりもマグネットの大きいミッドも取り外しました。






そして紙の純正スピーカーに戻して・・






ダッシュボード上にピュアディオブランドのATX-25ツイーターを取り付けました。






ドアの外板裏には防振メタルと防振マットを貼り合わせたベーシック防振を行い、グローブ


ボックス下に現行プラド専用のピュアコンを取り付けた所までが前回の作業です。




今回はドアのサービスホールへの防振をプラスして・・





更に内張り裏にセメントコーティングを行なって、片ドア3面のフル防振の状態にアップしました。





それとインナーバッフルを製作して、上半分にレインガードを取り付けてマグネットやター


ミナルが濡れない様にして・・







ピュアディオブランドのISP-130を取り付けました。





13センチミッドにサイズを絞る事によって中音域は濃くなり、防振の層をアップして密閉度を


上げているので、サイズの割には深い音を再生出来ます。







ドアスピーカーが替わったのでピュアコンのブラックボックス以外のパーツを交換します。






次に音楽を鳴らして音設定の画面を出して音調整を行います。




バーチャルな音機能は極力オフにして・・






イコライザーを微調整して音を追い込みます。






ただこの時は自分は福岡店にいて電話であれこれと指示していて、「もし上手く合わなかったら


宇部に帰るから。」と言って、途中で若宮インターまで移動していて待機していました。




坂口君が聴いて、専務も聴いて、「これなら問題ないレベルです。」という事になって、自分は


再び福岡店に戻りました。




自分がいない店の仕上がりに常に気を配っていて、お客様のお車を出庫する時は常に「今どの値に


なっているか。」というのを気にしていて、もし大きく違う値の場合は「思い違いをしているかも


知れないから、もう一度換えてみて。」とやり直しを指示しています。






これがノーマルネットワークでコイルが固定ならそんな心配はありませんが、固定のコイルでは


表現出来ない音を表現するのがサウンドピュアディオの魅力なので、そこは妥協出来ない部分です。

いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります