2016年05月27日(金) 12時24分16秒

トヨタ・エスクァイヤ カーオーディオの音質アップ

テーマ:カーオーディオについて

今日ご紹介する1台は現在の福岡店の作業からトヨタのエスクァイアです。









トヨタ純正の大画面のナビオーディオを装着した状態で入庫となって、ベーシックパッケージの


取付とベーシック防振の施工を行いました。









まずはナビオーディオを一度取り外して、裏から音信号を取り出します。





ピュアディオブランドのPSTケーブルで、純正コードに比べたらかなり太くて導電率の高い


ケーブルです。







信号はグローブ下のノア・ヴォクシー・エスクァイヤ専用のピュアコンに送って、フルレンジで


鳴っているドアスピーカーの高音をカットして中低音のみにして、ダッシュのツイーターに


高音のみを送ります。





ここのユニットの値は現行のノア・ヴォクシーとエスクァイヤでちょうど音がつながる様に


設定してあって、先代や先々代のノア・ヴォクシー用とは全く違う特性です。






ピュアコンからの高音はPSTケーブルでピラーの根元まで行き、そこでツイーターから


出ている細いケーブルとつないでいます。









ツイーターと質と向きとケーブルと適切な周波数幅などの多くの条件で、ダッシュのATX-25


ツイーターは上質な高音を奏でています。







次にドアの内貼りを外して、外板裏に防振メタルと防振マットを貼り合せるベーシック防振の


施工を行います。





何も貼ってないドアにベーシック防振はかなり効果が高く、音質と静粛性の両方に効き目が


あります。





それとトヨタ純正の16センチスピーカーはかなり低音が出ていて、国産のトレードインスピーカー


よりも低音は出ていて、その低音が無駄に外板から漏れていて、高音は綺麗に再生出来ないので、


ベーシックパッケージとベーシック防振のWパッケージの装着で弱い部分を見事にカバーして、


市販のトレードインスピーカーやデッドニングキットでは表現出来ないレベルの音を再生出来ます。





防振作業の後にドアの内貼りを組み付けたら全ての作業は完了です。








もうデーターが取れている車種なのでピュアコンのパーツをあれこれ交換する作業は必要なくて、


後はトヨタ純正ナビのイコライザー機能を調整して音を整えます。






同じ車種に同じパッケージを取り付けても、ナビオーディオによって音のクセが少し違うので、


生演奏や生の声で聴いた事のあるアーティストさんのCDを何枚か交換して音を決めました。






そういえばCDを交換している時に、「CDと比べてえらい画面が大きいな!」と感じました。






ナビはディーラーで取り付けられて、ベーシックパッケージとベーシック防振のWパッケージを


後からサウンドピュアディオで取付られるという方が最近増えてきています。

いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります