2016年05月14日(土) 16時07分17秒

スズキ・ハスラー カーオーディオの音質アップ

テーマ:日々の雑想

今日ご紹介する1台は先日の札幌店の作業からスズキのハスラーです。








以前ベーシックパッケージとベーシック防振の施工をして頂いていて、今回はシステム


アップのために入庫されました。







純正のドアスピーカーにJBLの25ミリサイズの外ドームツイーターとピュアコンで


良い音を奏でていましたが・・






インナー取り付けでピュアディオブランドのISP-130を取り付けました。







スズキ・ハスラーは開発車両として購入して、防振のツボと純正スピーカーとISP-130を


装着した時の両方のマッチングを取っています。







ドアのどの部分がどの様に響くかが事前に調査してあるので、短時間で最も効率が良い


防振が出来ます。







外板裏のベーシック防振に加えて、追加でサービスホールをふさぐ防振をとセメントコー


ティングをプラスして、フル防振の状態にしました。







サービスホールをふさぐ防振は特別なノウハウがあるので写真掲載は行っておらず、次の工程の


セメントコーティングでは、薄いプラスチックに剥がれない様に下処理を行って塗りを行いました。






ペラペラのプラスチックに石の様な幕が出来て、余分な響きをシャットアウトして音質と


静粛性が上がり、更に断熱性も上がり一石三鳥の効果です。







取り付けた所の写真を取り忘れましたが、ウーファー用アンプとエンクロージャーとJBLの


20センチウーファーをプラスする『ベーシックウーファーパッケージ』も取り付けました







ハスラーはピュアコンのコイルの値はデモカーで探りだしているので決まった値を取り付けて、


最後にカロッツェリアのCD・DVDプレイヤーのイコライザー調整を行ったら作業は完了です。






セッティングが煮詰まっているとイコライザーもフラットからあまり動かさなくてもよく、


あまり動いていないとお客様から手を抜いているように思われそうです。




ピュアディオグループ3店舗でデモカーは代車兼用で15台あり、色々な車種をあらかじめ研究


してあるので、確実な結果を出す事が出来き、多くの方から安心してお車を預けて頂いています。

いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります