2016年04月22日(金) 13時02分59秒

スズキ・スイフトRS カーオーディオの音質アップ

テーマ:カーオーディオについて

今日ご紹介する1台は先日の福岡店の作業からスズキのスイフトRSです。







ケンウッドの2DINオーディオが装着された状態で入庫となって、スピーカーの取り付けと


ドア防振の施工を行ないました。






スイフトのフロントドアには16センチのかなり低音が出るスピーカーが付いていて、安いパワード


のウーファーが不要なレベルの音がしています。






ミラーの後ろにはツイーターが付いていますが、ここは鳴っているかどうか分からないレベル


の小ささで・・






中を開けてみるとグリルの表面から離れた所に斜めに純正ユニットが付いています。




取り付け位置以外ではユニットの質やハイパスフルターの質がそれなりなので良い音は再生


出来ません。






そこでダッシュの上にスタンドを使って角度を付けたピュアディオブランドのATX-25を


取り付けて、高音域の大幅な改善を図りました。






次にドアの内張りを外して、外板裏のベーシック防振のサービスホールを塞ぐ防振を行ないました。







スイフトはスピーカー裏には何も貼ってなくて響いていて・・






スピーカーから離れた位置も外板裏に何も貼ってなくて、外板うらはかなり響いています。






高音用のメタルと中音用と低音用のマットの合わせて3種類の材質を貼り合せて、ドア全体


の響きをスムーズに抑えています。





外した内張りには表面すべてにマスキングを行って・・







裏に下処理を行なった後にセメントコーティングを行ないました。





外板裏⇒サービスホール⇒内張り裏と片ドアで合計3面のフル防振の状態になりました。





今回は内張りの表にアウター・スラントのバッフルを製作も行なっています。




一般的なインナーバッフルを何枚も合わせて表までつなぐ方法では、ここ数年のゲリラ豪雨に


あった時に雨漏りする事があって、金属リングを内側から斜め上を向く状態で取り付ける事で、


中に雨水が入らない様にしてあります。





また金属リングの表面は音の反射が起こらない様に、セメントコーティングで粗目が付けて


あります。




ただし金属リングで斜め上を向けていても、ゲリラ豪雨の時に横に傾いた状態で駐車していたら


雨漏りしたという事例がありますのでお気を付け下さい。





アウターバッフルには13センチの限定品ミッドのZSP-JWを以前に乗られていたお車から


移設して来て取り付けています。






以前乗られていたお車とドアの条件が違うために、音を鳴らしながらグローブボックス下に


取り付けたピュアコンのコイルをあれこれと交換して、ツイーターとの音のつながりを調整します。







最後にケンウッドのデッキの13バンドイコライザーを調整して音を整えて、納車の準備に


入りました。






シンプルなシステムでも音のツボを押さえたピュアディオのフル防振とアウターバッフルで、


放送局やレコーディングスタジオの様な、プロ機的な音に仕上がりました。

いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります