2016年04月13日(水) 11時14分31秒

レクサスLX カーオーディオの音質アップ

テーマ:カーオーディオについて

今日ご紹介する1台は先日の札幌店の作業からレクサスのLXです。












上級のベーシックパッケージとドアのフル防振の作業を行いました。





レクサスとはいえドアの外板裏は何も防振材が貼ってない部分が多く、防振メタルと


防振マットを組み合せたベーシック防振を行なった後に・・






ドアのサービスホールを埋める防振も行いました。





そして内張り裏のプラスチック部分にセメントコーティングを行なって、片ドア3面の


防振を行なった状態をピュアディオではフル防振と呼んでいます。







一般的なデッドニングと明らかに違うのは、メタルやセメントといった鈍い振動を起こさない


材質を多用する事で、低音の量は増えてもどこか鈍い響きが残るという状態ではなく、小気味


良い本来の楽器の音や人の声に近い状態にしているところです。




レクサスの様な高級車でもピュアディオのフル防振の施工で、もう一段上のプレミアム感が


出るので、最近人気の施工になっています。





そして最初に上級のベーシックパッケージと書いたのは、通常のベーシックパッケージが


ATX-25ツイーターに対して・・







ワイドスタンドをワンオフで製作して、JU60ツイーターを取り付けたベーシックパッケージに


している所です。







先日福岡店でレクサスRXにJU60を使ったベーシックパッケージとフル防振の施工を


行ないましたが、札幌店のLXはその書き込みの前に既に計画があったそうです。






レクサスのオーナーの方で音にこだわる方はどなたも同じ事を考えられるのですね。






最後に純正ナビオーディオの調整機能を使って音を調整しますが、高音・中音はフラットに


対して低音はフル防振で音が逃げなくなった事で量が増えたので、聴感上でフラットにする


ためにやや下げました。






今回もレクサスのプレミアムサウンドが、超プレミアムサウンドに変身しました。

いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります