2016年04月04日(月) 12時03分16秒

ホンダ・フィット3 スピーカーの音質アップ

テーマ:カーオーディオについて

今日ご紹介する1台は昨日の宇部店の作業からホンダのフィット3です。








ホンダ純正のギャザーズのナビオーディオが装着された状態で入庫となって、


ベーシックパッケージの取り付けとベーシック防振の施工を行ないました。






フィット3のフロントスピーカーは16センチのフルレンジで・・






ダッシュ上にはツイーターは付いていません。






ベーシックパッケージではダッシュ上にスタンドで角度を付けたATX-25を


取り付けて、フルレンジスピーカーを2WAY化します。






純正ナビの音信号をグローブボックス下に取り付けたピュアコンに送って、


ツイーター用に高音のみにした信号と、純正16センチに送る中低音のみに


した信号に分配します。






信号はあらかじめフィットのドアスピーカーとダッシュのATX-25でピッタリクロスする


値に設計されていて、周波数によって多少の上下はあるものの、ほぼフラットになる様に


設計してあります。




フィット用の標準のピュアコンはブラックボックス2個と外付けコイル2個の4ピースの構成


ですが、一度この状態で音を鳴らして後からオプションのSSFとSWRを追加で取り付け


て、合計8ピースの構成としてより音を滑らかでパワフルにしました。





ベーシックパッケージのオプションといえばドアの外板裏に防振メタルと防振マットを


貼り合せるベーシック防振ですが、内張りを外した後に防水シートを剥がして施工します。






ノーマルではスピーカーの周りに防振材は貼ってなくて・・






スピーカーから離れた所も何も貼ってなく、スピーカーの音は外に漏れて、外からの


ロードノイズも進入してオーディオに良い環境ではありません。






ドア2枚で24000円プラス税という低価格と、響きの中心にピンポイントで効果が


ありあまりドアが重たくならないので、装着率6割を超えている人気のオプションです。






ただしベーシックパッケージ装着後に後で追加で施工された方を含むと、なんと8割以上


の装着率になっています!





全ての作業が終わったら純正ナビの音調整性機能を使って音を追い込みます。






サラウンドやラウドネスなどの機能は使わずにイコライザーとフェダーのみを僅かに


動かして生の音に近くなる調整を行いました。







今回入庫したフィットのお客様は17年前にオープンした宇部店の小野田市の9年営業


した店のその前の最初の宇部市に店がオープンした時の30年前からのお客様です。




30年前のピュアコンがまだ無い時代に国産や輸入メーカーのスピーカーに付属のネット


ワークを使っていた頃からのお客様で、当時はお金がかかっていた割にはエネルギー


効率が悪かったり生の音を基準にしていなかったりで費用対効果が悪かったなと過去


を思い出しました。




30年もの長い間のお付き合いで、今回は息子さんが車を購入されたので取り付けに


入庫して頂きました。




「もっとから早くノーマルネットワークに手を入れたり、一から作り直していれば今み


たいに安くて良い音を届けられたのに。」と過去の何も知らなかった時代を思い出して


恥ずかしくなりましたが、現在の技術で満足して頂いて、「長い事商売を続けていて良


かった。」と思った仕事でした。

いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります