2016年03月05日(土) 10時22分25秒

スズキ・ハスラー カーオーディオの音質アップ

テーマ:カーオーディオについて

今日ご紹介する1台は先日の宇部店の作業からスズキのハスラーです。







ケンウッドのナビオーディオが装着された状態で入庫となって、ベーシックパッケージとドア


スピーカーの取り付けと、ベーシック防振の施工を行ないました。








スピーカーは純正からカロッツェリアのコアキシャルのトレードインスピーカーに交換してあって、


ベーシックパッケージの取り付けだとここは一度純正に戻してから作業を進めます。







ただ量販店では取り付け時に純正スピーカーを捨てられる事もあって、一度トレードインを


付けてしまうとベーシックパッケージを取り付けるハードルが高くなってしまいます。





トレードインにプラスすれば話は早いのですが、音にクセがあってそれが取れず、結局満足して


頂けないので極力トレードインにベーシックパッケージという作業は避けています。







今回はドアスピーカーをJBLのGX600Cというセパレートのミッドのみを使用して・・







付属の19ミリのツイーターはレンジが狭いので使わず、ピュアディオブランドのATX-25を


取り付けました。





19ミリツイーターと16センチミッドでは間に薄い音域が出来てしまい、いわゆるドンシャリに


なってしまうため25ミリサイズのATX-25を使っていますが、ちょうどフラットにつながる


組み合わせになりました。






ツイーターの直ぐ近くまではピュアディオブランドのPSTケーブルでひいてあり、末端のオスメス


ギボシは24金メッキを使い、半田上げして抜けない様にしてあります。







今回はドアのスピーカー配線もPSTケーブルに引き替えました。







ハスラーは左に比べて右側の構造が複雑で、かなり作業に時間がかかります。







ドアの外板裏には何も防振材が貼ってなくて響きが大きく、防振メタルと防振マットを組み合わせた


ベーシック防振で響きを静めました。







作業の最後にグローブボックス下にピュアコンを取り付けますが、ハスラーにATX-25と


GX600Cの組み合わせは初めてだったので、あれこれとパーツを組み替えて音を探りました。






ナビの音調整ではケンウッドは多くの調整機能がありますが、ほとんどが音がわざとらしくなるので


オフにしています。







イコライザーを生音に近い状態に調整して保存を押したら・・





あれっ?さっきとイメージが変わっています。







そこで保存した状態を聴いて、また調整してを繰り返して、保存した状態で生音に近いポイントを


探りました。





他のメーカーだと保存せずに閉じるという手法を使いますが、ケンウッドのこのタイプはそのまま


閉じるとパターンが消える可能性があるので、時間をかけて調整しました。







ハスラーは『井川家のハスラー』と呼んでいたこの車で色々とデーター取りをしているのでノウハウには


自身がありますが、最近うちの娘は勤務が変わって電車通勤になったので、オレンジのハスラーは現在


デモカー兼代車になっています。







うちのハスラーに比べるとダッシュがノーマルなので、軽くたたくとビンビン響き、わずかな響きで


音がこもるのでお客様とお話しして防振メタルを貼る事になりました。







三角のメタルを2枚互い違いに貼って、ダッシュが静かになって、音が良くなったハスラーの音質が


更に上がりました。





これがかなりの効果があって、ツイーターの本来の性能を十分に発揮出来る様になり、お客様は


「音がクリアーになって、浮いて聴こえる様になった!」と喜んでおられました。



いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります