2016年02月12日(金) 16時00分27秒

プリウス・アルファ カーオーディオの音質アップ

テーマ:カーオーディオについて

今日ご紹介する1台は本日の宇部店の作業からプリウス・アルファです。






トヨタ純正のナビオーディオを装着した状態で入庫となって、ベーシックパケージの


取り付けと、ベーシック防振の施工を行いました。





ナビオーディオはインパネを外して前に引き出して、裏から音信号を取り出します。







現在はトヨタ純正のナビでも盗難に合わない様に対策がされていて、本体を車体に止める


ネジが特殊ネジになっていて、専用のナットが無いと取れない様になっています。





仮に取られたとしても暗証コードを打ち込まないと動かなくて、ベーシックパッケージの


取り付けでも特殊ナットと暗証コードを用意して頂かないと作業に入れません。






音信号取り出しの後はドアの内貼りを外して、防振シートを外して外板裏に防振メタルと


防振マットを貼り合わせます。






ドアの中は何も貼ってなく、遣り甲斐のあるドアです。










リアのドアにもベーシック防振を行います。





以前放送関係者の方のプリウス・アルファにWパッケージの装着を行った事があって、その時に


高速道路を通ってお車を届けに行った事があるのですが、リアドアには施工していなかったので


ロードノイズが気になって、その体験を元に「リアドアにも是非!」とお勧めしました。






プリウス・アルファのドアの内貼りにはフェルトの様な防音材が貼ってあって、ノイズの


侵入を防ごうとしていますが、一度中に入ってからとどめるよりは、その手前で入らない様に


する方が効果が高い気がします。







内貼りを閉じたらドアの作業は完了です。





次にダッシュの純正スコーカを取り出して裏を加工して、JBLのツイーターを加えて


ダッシュで中音と高音を別々に再生出来る様にします。







JBLのツイーターは前に乗られていたお車から移設して来て、グローブボックス下に付ける


ピュアコンも前のお車から移設で、一部のパーツをプリウス・アルファ用に交換してマッチングを


合わせます。








最後に純正ナビのイコライザーを調整して仕上げです。





このイコライザーは動かしたバンド以外の音も動いている様な気がして、何度も


イコライジングを変えました。







また同じフラットでもカスタムの位置でのフラットとパケージされているフラットの音の


感じが違って、グラフィックで目で合わせるよりは直感でグラフを無視して合わせないと正確に


イメージできません。







今はプリウス・アルファの後の車の調整で福岡店まで移動していますが、やはりここでも


イコライザーのグラフと実際の音が合っている感じがしません。





また調整時とグラフを閉じた時で音のイメージも変わり、調整時のグラフのベストではなくて、


再生画面に戻した時にどう聴こえるかの調整をしないといけなくて時間がかかりますが、同じ機種だと


クセが一緒なので、どれだけ純正システムと向かい合うかで、短時間で良い音を出す方法を見つけます。

いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります