2016年02月10日(水) 15時23分28秒

ダイハツ・キャスト カーオーディオの音質アップ

テーマ:日々の雑想

今日ご紹介する1台は先日の札幌店の作業からダイハツのキャスト・アクティバです。






オーディオレスの状態で入庫となって、ナビオーディオとドアスピーカーの取り付けと、


ベーシック防振の施工を行いました。







まずはカロッツェリアの楽ナビを取り付けて・・






次にドアの内張りを外して、外板裏に防振メタルと防振マットを貼り合わせるベーシック防振


の施工を行ないます。






外板裏は何も貼っていない状態でビンビン響くので、ベーシック防振で音質と静粛性が一気に


アップします。





スピーカーは純正からJBLのP560に、16センチから13センチに交換するインナー


バッフルを製作して交換しました。







内貼りを取り付けたらドアの作業は完了です。







キャストの純正ツイーターの位置はピラーの根元にありますが・・







そこは使用せずにダッシュの上にスタンドを使って角度を付けて、ブルーのドームのベーシック


ツイーターを、前に乗られていたお車から移設して来て取り付けました。






2001年に発売されたこのツイーターは200セットを2009年ぐらいまで販売して、


途中JBLのツイーターをベーシック用として使用していましたが、昨年ATX-25として


ブラックドームで発売されました。








青いドームのこのタイプの再発売を望まれる声もあったのですが、このブルードームを現在


作るとかなり高いコストがかかるので、一般的なブラックドームが現行モデルとなっています。








ピュアコンのブラックボックスは前のお車から移設して来て、コイルの巻き数は現在のキャストに


合う物を探って取り付けました。






ピュアディオの商品は長く使う事を前提にしているので、移設して次のお車に使えば


かなりお得です。

いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります