2016年01月24日(日) 15時40分06秒

日産・ムラーノ カーオーディオの音質アップ

テーマ:カーオーディオについて

今日ご紹介する一台は先日の札幌店の作業から日産のムラーノです。







異形パネルの専用ナビオーディオでBOSEシステムのプレミアムサウンドのお車を


フルレンジ化してピュアディオシステムに変更しました。






まずシフト前に1DINスペースを作ってカロッツェリアのデッキを取り付けて、


ここからフルレンジの信号を取り出します。






ドアには元々BOSEのウーファーが付いていましたが、これは取り外します。






楕円を丸にするプレートが付いているので元々は楕円スピーカーで設計されて


いるみたいです。




アメリカへの輸出が主な車なので、アメリカで好まれる楕円で設計されて


いるのでしょう。




ドアにはサービスホールが開いていて防水シートがかかっている普通の国産車と違い、


鉄のパネルで完全にふさがっている構造です。






防振は外板裏の何も貼ってない部分にメタルとマットを貼り合わせるベーシック防振を


施工しました。






ただインナーパネルの鉄板の響きも気になるので、そちらにもベーシック防振の


施工を行っています





ただ内貼り裏にはセメントコーティングを行い、片ドア3面のフル防振にした後に


ドアにアウター・スラントのバッフルを製作してJBLのP560の13センチミッドを


取り付けました






ダッシュボード上にはスタンドを使って角度を付けたATX-25を取り付けて・・







ドアスピーカーとツイーターの周波数レンジとインピーダンスとレベルはグローブ


ボックス下に仕込むピュアコンで行います。







ムラーノでP560のアウター取り付けは初めてなので、あれこれとパーツを


組み替えて音を追い込みました。





ボーズシステムにベーシックパッケージを取り付けて音質アップという手法も


あるのですが、フルレンジの信号を作って13センチ+ツイーターという


方法はより濃い中音域を再生する事が出来ます。

いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります