2016年01月23日(土) 12時07分18秒

VW・ゴルフⅥ カーオーディオの音質アップ

テーマ:カーオーディオについて

今日ご紹介する1台は先日の札幌店の作業からフォルクスワーゲンのゴルフⅥです。






VW純正のナビオーディオを装着した状態で入庫となって、ベーシックパッケージの取り付けと、

ベーシック防振の施工、そしてナビの交換を行いました。





ゴルフⅥはミラーの後ろに純正ツイーターが付いていて、向きが悪いのとユニットの効率が悪くて

高音があまり聞こえて来ません。





ダッシュボードの見晴らしのいい位置にピュアディオブランドのATX-25ツイーターを取り付けて

高音域を改善します。



実は音の輪郭やボーカルのイメージの細かい部分は高音域で決まるので、取り付け位置とツイー

ターの質感は重要になります。




ベーシックパッケージなのでドアスピーカーはそのまま使用しますが、VWのドアスピーカーはスト

ロークがあって低音の量感は十分あるので、国産のトレードインスピーカーに交換すると逆に痩せ

てしまいます。





国産車に比べたら鉄板も厚くサービスホールもふさがっているので防振の必要もない様に見えま

すが、スピーカー裏とプラスチックの響きを抑えるためにメタルとマットを組み合わせた防振を施工

しました。






フォルクスワーゲン純正のナビオーディオは取り付けキットを使ってカロッツェリアの楽ナビに交換

しました。





純正ナビに比べたらイコライザーの調整か所も増えて、細かい調整が可能になりました。



グローブボックス下のピュアコンはゴルフⅥに合わせたユニットを使用していて、ドアスピーカーの

音はノーマルよりレスポンスが改善された上に上質なツイーターの音が乗っています。



換える所は換えて、使える所はそのまま使用して、限られたコストを有効に使ったシステムが完成

しました。



いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります