2015年12月06日(日) 11時39分17秒

ホンダ・フィット3 スピーカーの音質アップ

テーマ:カーオーディオについて

今日ご紹介する1台は先日の札幌店の作業からホンダのフィット3です。












カロッツェリアのサイバーナビの大画面タイプを装着された状態で入庫になりました。












スピーカーはカロッツェリアのトレードインタイプをお使いで、最初はそんなに不満は無かったそうで


すが、会社の同僚の方のピュアディオ仕様を聴かれて「何か違う?」と思われて、それから音が薄い


と感じ出したそうです。








今回はトレードインスピーカーを外して、ベーシックパッケージとISP-130の取り付けと、ドア防振の


施工を行いました。








ダッシュ上にはスタンドを使って角度を付けたピュアディオブランドのATX-25を取り付けました。










トレードインのツイーターがピラーに穴を開けて付いてあったので、穴をふさぐのではなくて新しい


ピラーのプラスティックのパーツを購入されて持って来られました。




ドアに付いていた17センチミッドを取り外して・・








13センチのインナーバッフルを製作して、ピュアディオブランドのISP-130を取り付けました。





サイズは小さくなったのにストロークが大きいために何故か13センチの方が低音が出ます。








外板裏の何も防振材が貼ってないない部分に防振メタルと防振マットを組み合わせて貼る

ベーシック防振の施工を行って・・







内貼りを閉じたらドアの作業は完了です







後はサイバーナビから音信号をグローブボックス下に引いて来て、ピュアコンにつなぎます。









ここからドアスピーカーとツイーターに音を分配して、フィット3にISP-130をインナーで


最もバランスが取れるコイルを装着したら作業は終わりです。






サイバーナビにジャンルの違うCDを何枚も入れて再生してスピーカーを慣らして、イコライザー


調整を行って納車いたしました。






トレードインスピーカーでは表現出来ない、音楽の深い所まで聴けるシステムが完成しました。



いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります