2015年11月07日(土) 14時50分04秒

レクサスRX カーオーディオの音質アップ

テーマ:カーオーディオについて

今日ご紹介する1台は昨日の福岡店の完成車からレクサスのRXです。





異形パネルの専用ナビオーディオ付のためにデッキやナビの交換が出来ないため、純正の状態を

活かして大幅な音質アップを図りました。





RXはドアスピーカーがマルチアンプになっていて、ドア下から低音のみが再生されていて、ドア上部

には中高音の信号が送られていて、それをスコーカーとツイーターに分配して3WAY再生しています。



一般的なカーオーディオの製品はフルレンジという全ての音域が含まれた信号を入力する事が条件

なので、オーディオコントロール社のコンバーターを使ってマルチ信号をフルレンジ化しました。



白いコンバーターに低音と中高音をミックスして、RCAレベルに変換した後にミックスしてフルレンジ

信号にしました。



フルレンジに変換した信号はピュアディオチューンのチャンネルディバイダーに送って、サブウーファー

用の信号とフロント2WAYスピーカーに送る信号に分けます。




そしてピュアディオチューンの手前の2CHのフロントアンプと後ろのウーファー用のモノラルアンプに

送ってスピーカーを駆動しています。



ピュアディオチューンのアンプをちょうど福岡店で分解してチューンしていて、基盤の選別で使わな

かった物を見て頂いたり、ハンダの差し替えやパーツの差などを実際に見られたので、価格と音に

は納得されて購入されました。





そしてスピーカーの方ではツイーターはダッシュにワイドスタンドを製作してJU60を取り付けて・・




ドアにはインナーバッフルを製作してJBLの660GTIのミッドバスを取り付けました。





リアにはウーファーボックスを製作してJBLの25センチウーファーを取り付けて・・





サランネット付きのグリルを付けたらこんな感じで、荷物を沢山積む時は取り外しも出来る様にして

あります。





全ての結線が終ったら音を出して純正ナビオーディオの音設定を操作します。





サラウンドやASLは入庫した時にすでにお客様がオフにされていました。


より自然な音を求めるとここはオフにしておかないといけません。




ピュアコンはラゲッジに取り付けているので、リアのハッチを開けてパーツを入れ替えて聴いて、また

入れ替えて聴いてを繰り返してを行っています。







それと今まではIpodなどの信号は純正ナビ経由だったのですが・・





LC8のミックスコンバーターにはRCAの外部入力があるので、そこに入力して音のロスを少なくして

います。



中は20カ所以上のパーツ交換やハンダの付け直しがしてあるので、ノーマルよりもかなり音に透明

感があります。




純正オーディオとの切り替えと外部入力のボリューム調整のコントローラーがあるので便利です。



純正オーディオの音も格段に良くなりましたが、車両システムを一切通さないIpodなどの音の新鮮

差には予想以上だと驚かれていました。

いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります