2015年10月18日(日) 11時47分27秒

スバル・クロスオーバー7 カーオーディオの音質アップ

テーマ:カーオーディオについて

今日ご紹介する1台は昨日の宇部店の作業からスバルのクロスオーバー7です。





この斜め後ろからのデザインが何とも言えず、自分が欲しい車の一つに入っています。



この車のリアとリアサイドのガラスにサウンドピュアディオの大きなステッカーを貼って、イベント会場

にドーンと止めて・・とか思わず想像してしまいます。





システムの方はスバル純正のナビオーディオ付きで入庫となって、スピーカーとアンプの取り付けと

ドア防振の作業を行いました。





オープニング画面はスバルですが、中身はカロッツェリアのサイバーナビです。





まずドアの内張りを外して外板裏⇒サービスホール⇒内張り裏の片ドア3面のフル防振を行ない

ます。





外板裏の響きを調べて響きの種類によってマーキングを変えて、後で防振メタルと防振マット2種

類を組み合わせてベーシック防振の施工を行ないます。






それから後2面の防振を行なって、ドアにアウタースラントのバッフルを製作しました。



車体とバッフルは金属リングでつなぎ、更に金属の表面はセメントコーティングして剛性を上げる

のと表面をざらつかせて音を拡散する様にします。




スピーカーはJBLのP660の16・5センチミッドのミッドバスを取り付けて、スピーカーグリルは

出っ張りを防ぐために一般的なグリルに交換して取り付けました。





しかし後でP660のユニットは物凄く前後にストロークがあり、一般的なグリルでは当たる事が分か

り、いつものごついグリルに交換しました。



中のユニットは平凡な見た目ですが、多ではありえないストロークがある事を知り、現行の16・5

センチに変わる前に買いだめしておいて良かったと思いました。




ツイーターはJU60をダッシュ上にワイドスタンドを製作して取り付けました。





それと今回はお客様が以前のお車でお使いだったマッキントッシュのパワーアンプを運転席の下に

取り付けました。





アンプまではバッテリーから別配線で電源ケーブルを引きます。






内蔵アンプだとグローブボックス下にパッシブネットワーク部のピュアコンを取り付けるのを、今回は

アンプの直ぐ横の助手席の下に取り付けて、音を鳴らしてあれこれとパーツを交換して音を追い込み

ました。





最後にスバル純正のサイバーナビのイコライザーを調整したら完成です。



ほぼフラットで良い音が再生出来て、マッキントッツシュ独特の濃い音域をちょっと下げて聴感上で

フラットにして出庫しました。



ミッドに対してツイーターがグレードが高い組み合わせですが、同じ見た目でもコストがかかって

精度の高い時期のユニットをなので、見事なマッチングで鳴っています。

いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります