2015年09月24日(木) 13時05分18秒

マツダ・CX-5  スピーカーの音質アップ

テーマ:日々の雑想

今日ご紹介する1台は昨日の札幌店の作業からマツダのCX-5です。




八戸ナンバーで、シルバーウィークを利用して青森県からわざわざお越し頂きました。




マイナー前のオーディオレス車にカロッツェリアのサイバーナビを装着した状態で入庫となって、ベーシック

パッケージの取り付けとベーシック防振の施工を行いました。





まずはドアの内張りを外して外板裏に防振メタルと防振マットを貼り合わせて鉄板の響きを抑えます。



サービスホールはプラスティックで完全に塞がっているので、一般的なデッドニングキットでは良い効果は

得られません。




ただ裏の鉄板には何も貼ってなく、外にスピーカーのエネルギーは漏れてしまっています。




それとこの純正の16センチスピーカーはかなり固いプラスティックのインナーバッフルと一体化していて、

おつりが来るぐらいの低音が出ています。




メタルとマットの防振が終ったらドアの内張りを組上げます。





次にダッシュ上の純正のツイーター位置のグリルの上にスタンドを使ってピュアディオブランドの

ATX-25を取り付けます。




それからグローブボックス下にピュアコンを仕込んで、純正ドアスピーカーと後付ツイーターに音を

分配します。



最後にサイバーナビの調整機能を使って音調整を行ったら完成です。




お客様は取り付け予約をされるまで一度もベーシックパッケージの音を聴かれた事が無く、最初は本当に

音が良くなるか不安だったそうですが、仕上がった音を聴かれて純正ドアスピーカーベースでも音が

激変する事を体感されて満足して帰られたそうです。





今まで多くの方に喜んで頂いているパッケージですから間違いないのですが、一般的に純正スピーカーは

音が悪くて使い物にならないからトレードインスピーカーに換えないと音が良くならないという常識が

あって、それでも良くないからベーシックパッケージが生まれたのです。





シルバーウィークの最終日で帰りの道が混んでいたのではないかと思いますが、遠くからのご来店

本当にありがとうございました。
いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります