2015年09月17日(木) 11時40分41秒

スバル・レヴォーグ スピーカーの音質アップ

テーマ:カーオーディオについて

今日ご紹介する1台は昨日の宇部店の作業からスバルのレヴォーグです。












ケンウッドのハイレゾ対応ナビオーディオを装着した状態で入庫となって、ベーシックパッケージの


取り付けとドア防振の施工を行いました。








まずはフロントドアの内張りを取り外し、外板裏のベーシック防振と内側のサービスホールを塞ぐ


防振を行いました。




レヴォーグは防水シートにゴムが貼ってあり、外からのノイズの進入を防いでいますが、ピュアディオの


防振作業をプラスすることにより静粛性は更に上がり、音質はクリアーでタイトさも元の演奏に合うぐらいの


切れ味に設定してあります。






内張り裏のプラスティックにはフェルトが貼ってあって、これは一度はがしてセメントコーティングを


行った後に元に戻して、フロントドアは片ドア3面のフル防振に施工します。






ドアの内張りを組み立てたら防振作業は完了です。






リアドアには外板裏に防振メタルと防振マットを貼り合わせるベーシック防振の施工を行い、


主に静粛性アップを図っています。





次にダッシュ上の純正スコーカーを取り出してハイパスフィルターを取り出してダイレクト化して、


ピュアコンで下限の周波数と上限の周波数をコントロール出来る様にします。




ここの貧弱なハイパスフィルターを通さない事によって中音域のクオリティーは一気に上がります。








スコーカーを純正位置に戻し横にスタンドを使って角度を付けたピュアディオブランドのATX-25


ツイーターを取り付けて、ドアの16センチスピーカーと合わせてフロント3WAY構成になりました。







3つの音域コントロールとレベル調整はグローブボックス下に仕込むピュアコンで行い、


レヴォーグのフロント3WAYは既にデーター出ていて何台も施工を行っているので、


あらかじめ決められた値のユニットを装着します。





ただナビオーディオごとに音のクセが違うので、そこは一台づつ合わせて行きます。



ケンウッドはスピーカーの大きさをあらかじめ設定する必要がありますが、これはあまりあてにならず、


音を聞きながら実際のスピーカーサイズと違っても一番音が良い値(自然で生音に近い)組み合わせを


探します。




次に音響効果の項目が沢山ありますが、これはどこをオンにしても音がわざとらしくなるので


ほとんどオフにします。








ただこのK2テクノロジーのところは気になって、最後までオン・オフを繰り返してどちらが良いかを




何度も確認しました。





K2は元々ビクターのテクノロジーで、JVCケンウッドになって合併したから付いたのでしょうが、


確かこのモデルが始めてだった様な・・




そして最後の最後に13バンドのイコライザーを駆使して音を整えたらレヴォーグの3WAYベーシックパッケージ


は完成です。





お客様はきららドームのモーターフェスティバルでピュアディオのスバルXVのデモカーの音を聴かれて


「車を買い替えたらこの仕様にしたい。」と思われていたそうで、レヴォーグが納車されて早々


入庫して頂きました。








レヴォーグ・S4・インプレッサとXVは基本的にドアの大きさとスピーカー構成が同じなので同じ


パッケージが使えて、デモンストレーションではほぼ同じような音で聴く事ができます。




純正スピーカーを使いながらクロスオーバーは全く別なパーツを使い、更に高音用のツイーターをプラス


しているので市販の2WAYのトレードインスピーカーよりもワイドレンジで音楽を聴く事が


出来ます。


いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります