2015年09月11日(金) 11時31分22秒

ゴルフⅦ・オールトラック カーオーディオの音質アップ

テーマ:カーオーディオについて

今日ご紹介する1台は先日の札幌店の作業からフォルクスワーゲンのゴルフ・オールトラックです。






純正のナビオーディオをベースにフロントスピーカー・サブウーファー・アンプ・チャンネルディバイダー

などの取り付けを行って、へッド部分以外はフルシステムの状態に仕上げています。






純正ナビオーディオのパワーアンプが付いているグローブボックスのプレイヤー裏から音信号を

取り出して・・






オーディオテクニカの4CH用のハイローコンバーターを2CH化して更にチューンした物でRCA信号

に変換して、リアのラゲッジに送ります。






リアのラゲッジ下にはフロント用アンプ・ウーファー用アンプ・30バンドイコライザー・チャンネルディ

バイダーが取り付けてあり、ラゲッジ前方にはウーファーボックスを置いています。





このウーファーボックスとユニットは以前に乗られていたお車から移設して来ていて、運良くサイズが

ピッタリ合いました。




20センチのバスレフポート付きエンクロージャーで、ZSP-SSS20の限定モデルのウーファーが

取り付けてあります。




ドアにはアウター・スラントのバッフルを製作してピュアディオブランドのZSP-MIDを取り付けていて、

こちらも以前のお車から移設して来ています。




カーオーディオは取り付け条件が合えば次の車に移設出来るので、飽きの来ない物を選んでいたら

長い目で見ればお得な買い物ですね。




ドア内はフル防振の施工を行なっていて、外板裏と内側のプラスチックと鉄板面に防振メタルと防振

マットを組み合わせて貼って・・





内張り裏のプラスチック面には下処理を行なった後にセメントコーティングを施しています。



作業時間はかなりかかりますが、カチッとなり鈍い響きが無くなり、音質と静粛性アップの他に断熱

性も上がり、効果の割りにドアも重たくなりません。




ツイーターはワイドスタンドを製作してJU60を取り付けていて、こちらも以前のお車から移設して来

ているので、ハード類は全て以前にお買い上げ頂いている物です。





そして全ての結線が終わって音が出る様になって、純正のナビオーディオの3トーンはフラットの

ままで鳴らして、ラゲッジ下に付けている30バンドイコライザーで細かい音の調整を行います。




純正ナビオーディオを活かしたシステムはハイローコンバーターでRCA化する時に音のクオリティー

が決まり、後でどんな良いアンプやプロセッサーを入れても音の新鮮さは取り戻せません。



サウンドピュアディオがチューンしたハイローコンバーターがシステムの運命を決定します。

いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります