2015年09月04日(金) 11時31分13秒

ゴルフ・オールトラック カーオーディオの音質アップ

テーマ:カーオーディオについて


今日ご紹介する1台は現在の札幌店の作業からフォルクスワーゲンのゴルフ・オールトラックです。





純正のナビオーディオを装着した状態で入庫となって、スピーカー・アンプ・チェンネルディバイダー・
ウーファーなどの取り付けを行いました。






ゴルフⅦ・ゴルフⅦバリアントと同じくグローブボックス内に付いているCDプレイヤーの後ろにアンプ
が付いていて・・






そこから音信号を取り出してピュアディオチューンのハイローコンバーターに繋いでRCA信号に変換して
リアのラゲッジに送っています。






リアのラゲッジにはイコライザー⇒チャンネルディバイダー⇒フロントアンプ⇒ウーファー用アンプが
取り付けられていて、エンクロージャーに組んだ25センチのシルバーのZSPウーファーも装着してあります。



最近増えて来たヘッド部分が純正で後ろはフルシステムというパターンで、途中に入るハイローコンバーター
の性能で後ろの段にいくらいい機材を入れていても量は出ても失われたクオリティーは上がらないので、
ピュアディオの得意とするカテゴリーになっています。




ツイーターはダッシュ上にワイドスタンドを製作してJU60を取り付けて・・





ドアにはアウター・スラントのバッフルを製作してピュアディオブランドのZSP-MIDを装着しています。






ドアの中には外板裏とサービスホールのプラスティックの防振と鉄板面の防振と・・






内張り裏のフェルトを一度外してセメントコーティングを行うフル防振の状態にしています。





JU60ツイーターとZSP-MIDはグローブボックス下のピュアコンで周波数レンジとレベルとインピー
ダンスを調整して、今回はブラックボックスが4連のフルオプションを取り付けた仕様になっています。




ブラックボックスの四角い箱が少し互い違いになって一列に並んでいませんが、これは中に入っているコイルの
位置を考慮して、コイル同士の距離がなるべく離れる様にしているからです。



ラゲッジにアンプボードを作って、ウーファーの上にグリルを作ったらゴルフ・オールトラックの作業は完成です。






実は現在札幌店にはゴルフのオールトラックが2台入庫していて、この2台はウーファー部分を除いて内容は
ほぼ同じシステムになっています。




たまたま偶然ですが、サウンドピュアディオは業者からの下請け仕事は行っていないので、どちらも一般
ユーザーの方から別々に受注を受けた仕事です。




ちなみに以前福岡店ではゴルフⅦ1台とゴルフⅦバリアント2台の3台同時入庫という時がありましたが、
こちらも業者仕事は1台もなく全て一般ユーザーの方のお車でした。





サウンドピュアディオはシンプルなシステムからフルシステムまでゴルフⅦの純正ナビオーディオを活かした
音造りを得意としております。

いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります