2015年08月26日(水) 11時48分52秒

マツダ・CXー5 カーオーディオの音質アップ

テーマ:カーオーディオについて

今日ご紹介する1台は先日の福岡店の作業からマツダのCX-5です。





ナビレスのBOSEサウンド車にカロッツェリアのサイバーナビが装着された状態で入庫となって、

ツイーターにピュアコンをプラスするベーシックパッケージを装着して頂いていました。





今回はシステムアップのための2度目の入庫で、ドアのBOSEのウーファーを取り外し、スピーカー

交換とアンプの取り付けを行いました。





ドアにはピュアディオ以外の防振がしてあって、スポンジと青いレアルシルトは外し、違う材質に

貼り替えました。





内張り裏にもスポンジとレアルシルトが貼ってあって、これも外してプラスチック面を下処理をして

セメントコーティングを行ないました。



柔らかい材質からカチッとした固い材質に変われば微細な震えが無くなり、音もクリアーになります。




外板裏のベーシック防振は最初の取り付けで施工していたので、2面の防振をプラスしたらフル防

振になり、ドアの内張りにはアウター・スラントのバッフルを製作して、ドアには純正配線とは別に

ピュアディオブランドのPSTケーブルをはわしました。





車体とバッフルは金属リングでつないで、リングの内側にはセメントコーティングを行なって剛性を

上げるのと、表面をざらつかせて音を拡散します。





リングの内側が乾いたらピュアディオブランドのISP-130を取り付けてドアは完成です。





次に助手席のネジを外して座席下にピュアディオチューンのパワーアンプを取り付けます。



約一日かけてあれこれとチューニングしたパワーアンプです。




ツイーターはベーシックパッケージの時に取り付けた物が解像度が高いのでそのまま使えます。






グローブボックス下のピュアコンは若干のパーツの変更でシステムアップに追従させています。






全ての組み立てが終わったら約3時間あれこれとジャンルの違うCDを再生してスピーカーを慣らして、

音が整ったところでサイバーナビのイコライザーを調整します。






BOSEシステムの時はドアから中音域が鳴っていなかったので、どうしてもセンタースピーカーから

の中音域やモノラル成分に頼っていたのが、ドアからの濃い中音域がスラントバッフルで上の方まで

上がって来る様になって、センタースピーカーオフでスピーカーとスピーカーの間の何も無いところに

音が浮かんで来るステレオ効果が十分体感出来る様になりました。




2度目のシステムアップとしてはかなり思い切った内容ですが、CX-5でBOSEシステムをスルー

して別アンプ・別スピーカーで音楽を楽しんでおられる方はほんの少しですが増えて来ています。


いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります