2015年08月10日(月) 13時43分00秒

トヨタ・ヴォクシー カーオーディオの音質アップ

テーマ:カーオーディオについて

今日ご紹介する1台は先日の札幌店の作業からトヨタのヴォクシーです。





アルパインの車種別専用設計のビッグXを装着した状態で入庫となって、フロントスピーカーの交換

とドア防振の施工を行ないました。





まずドアの内張りを外して外板裏に防振メタルと防振マットを貼り合せるベーシック防振の施工を行い

ます。





現在の車のドアは外板を柔らかくして、衝突した時につぶれる事によって中の乗員を守っているので、

90年代に作られた以前の車の構造に合わせて作ってある防振材では効果が薄く、車の変化に合わ

せて1車種づつ防振材の組み合わせを調査しています。



一度確実な組み合わせが出来たらそれをマヌアル化して、2台目以降は短時間で最大限の効果を

出しています。




防振作業が終わったらインナーバッフルを製作して、以前のお車から移設して来たJBLのPシリーズ

の13センチミッドを取り付けたら内張りを閉じてドアは完成です。





ツイーターも以前のお車からの移設で、JBLの25ミリ外ドームタイプの物を取り付けました。





グローブボックス下のマットの奥にはピュアコンが仕込んでありますが、ブラックボックスは以前の

お車からの物をそのまま使用して、ドアのスピーカー位置が変わったために外付けのミッドのハイ

エンドの周波数を決定するコイルは現行のヴォクシーに合う物に交換しました。





最後にビッグXの音調整機能を使って音合わせを行ないますが、車種別のサウンドの所がヴォクシー

とヴォクシーZS煌と分かれています。





ZS煌は天井に後席用のツイーターが付いていて、その音が僅かに全席でも聞えるので特性が別に

してあるのです。





イコライザーパターンの写真が札幌店から送られて来た時に、「まさかこのパターンで納車した訳じゃ

ないよね? 他店にパターンを知られたくないからダミーだよね。」と野田君に言ったら、「これはメー

カー推奨の車種別パターンです。」という答えが返って来ました。



スピーカーがピュアディオ推奨モデルだと機種によってだいたいのイコライザーパターンが決まって

いるのですが、写真を見ただけで「これは通常のパターンでは無い!」と直ぐに分かりました。



そういえば最近以前のお車からお持ちのスピーカーなどを移設される方が増えています。



ピュアコンの方式はユニットに適切な周波数レンジを入れているので負担が少なく長寿命で、音も

良くてお得な方式です。

いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります