2015年07月30日(木) 11時43分57秒

ホンダ・オデッセイの静粛性をアップ

テーマ:カーオーディオについて

今日ご紹介する1台は先日の宇部店の作業からホンダのオデッセイです。

既にシステムを取り付けられているお車ですが、防振作業をプラスするために再入庫となりました。




フロントのフェンダーの内側のプラスチックのアーチを取り外してメタル防振を行ないました。





これは他の車種のアーチですが、指でプラスチックをはじいて響きの中心をマーキングして、その場

所にメタルを貼って響きを抑え、車内にロードノイズが入るのを防ぎます。




通常は完成するとこんな感じに仕上がります。





ただ現行のオデッセイのアーチは車内に向いている方にフェルトが貼ってあります。



これはフェルトを貼らないとここから強いロードノイズが入るという事です。




そのフェルトを一度外して、プラスチック面に防振メタルを貼って再びフェルトを貼ります。



こいれで車内へのロードノイズはかなり減りました。




響きの中心に貼って振動を抑える防振メタルは複雑な多重構造をしていますが、カタログに載って

いる写真は円を十字に切って4枚に分割した形状です。



最初はこの1回のプレスで4枚取れる方式で1日に5回プレスで20枚生産で間に合っていましたが、

途中で需要が増えて来て間に合わず、冶具を長方形に作り変えて製品は今の正方形にして、

1プレスで8枚取れる様に改善しました。


これで1日の生産数が倍になって、今の3店舗の需要に合わせています。



このメタルの効果にはまったお客様からは、「もっと他に貼る所はないですか?」と聞かれる様になり

ます。



先日ベンツのCクラスのお客様がドアに貼って効果があったからとフェンダー内にも貼れないかと

いうことで調査したのですが・・



内側の鉄がガッチリしていて貼っても効果が得られないだろうという事で施工を諦めました。



基本的に指ではじいてビンビン響く所の中心に貼る事で振動を抑えるという使い方なので、全く

響かない場所には貼っても効果が無いので貼りません。





追伸


今回は気が付いたらオデッセイの作業が終わっていて、写真を撮り損ねた所が多くあり枚数が

少ないので、代わりにピットの普通写らない部分をご紹介します。


これはピットの隅にある通称ハンダのプールです。




デジタルで温度管理してあって、375度設定の現状が375度になっているという表示です。





ハンダ槽2号となっていますが、1号もあり交互に使っています。





ハンダ小手だと太いケーブルでムラが出るので、ハンダの解けたプールに浸けて付いたハンダの

余分な部分を「エイッ!」と遠心力で床に叩きつけて除きます。




この作業で右の靴だけ銀のラメが付く事があって、作業の後に宇部駅から山陽本線に乗って新幹線

に乗り換えて移動しようと思ったら車内で女子高生に笑われてしまいました。



片側だけラメの靴を履いていたら変なおじさんですよね。

いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります