2015年07月26日(日) 11時03分56秒

トヨタ・ハリアー JBLサウンド車の音質アップ

テーマ:カーオーディオについて

今日ご紹介する1台は先日の札幌店の作業からトヨタの現行ハリアーです。





JBLのプレミアムサウンド車にベーシックパッケージを取り付けて、ドア防振の作業も行いました。





ドアの16センチスピーカーへは車両アンプから低音のみが送られていて・・





ダッシュのスコーカーへは中高音のみを送っています。





高音が弱く音の輪郭がはっきりしないのでJBLの外ドームで25ミリサイズのツイーターを取り付けて、

ガラスの反射無のストレートな高音を再生して音をクリアーに改善しました。





音のコントロールを行うピュアコンはグローブボックス下に、現行ハリアーのJBL仕様車専用の物を

取り付けています。





次にドアの内貼りを外してドアの防振を行いました。



ドアの外板裏のベーシック防振と、サービスホールを塞ぐ防振を行い・・



内貼り裏のフェルトを一度外して下処理を行って、セメントコーティングを施して、方ドア3面のフル

防振の状態にしました。






ここまでは今までもあったパターンですが、ここからがスペシャルなメニューで、リアの右サイドの

サブウーファーを取り外して・・





スピーカー信号を取り出して、ピュアディオチューンのハイローコンバーターでRCA信号に変換し

ます。



その信号をJBLのチャンネルディバイダー付きのウーファー用のパワーアンプにつなぎ・・



リアのサイドを作り変えてJBLの30センチウーファーを取り付けました。





ウーファーの表をサランネットのグリルを作って覆い、後付け感があまりないウーファーボックスが

出来ました。





最後にトヨタ純正のナビオーディオの3トーンとフェダーを調整したら完成です。



今回自分は札幌店に行っていないので音は聴いていませんが、元があまりウーファーの存在感が

無い鳴り方だったので、かなりガッツリ鳴る様になったそうです。




ウーファーで予算を使い過ぎたのでフロントのスコーカー交換が後回しになってしまいましたが、

次回は是非スコーカーも存在感のある物に変更して、車全体で4WAYのシステムを完結して欲し

いと思っています。




あっ、そういえばドアの16センチウーファーも低インピーダンスで何かいい物を探さないといけない

のでした。

いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります