2015年07月21日(火) 15時04分03秒

レクサス・RX カーオーディオの音質アップ

テーマ:カーオーディオについて

今日は火曜日で定休日です。


福岡店は現在週休2日になっているので火曜・水曜休みとさせて頂いています。



さて今日ご紹介する1台は昨日の福岡店の作業からレクサスのRXです。




全車異型パネルの専用ナビオーディオ付きで、フロントスピーカーは3WAYになっています。


今回はベーシックパッケージの取り付けとベーシック防振の施工を行ないました。





まずはドアの内張りを外して防振作業を行います。



下に楕円のウーファーと上の方に中音用のスコーカーが見えます。




ウーファーの裏の一番響く部分に何も貼ってありません。



ドアの中には2種類の形をした防振材が最初から貼ってありますが、これでは不十分なのでピュアデ

ィオの防振メタルと防振マットを加えて響きを抑えます。





内張りを閉じたらドアの作業は終わりですが、内張りの一番上に付いているツイーターはベーシック

パッケージでは鳴らしません。




次にラゲッジ下を分解して、車両アンプから信号を取り出してピュアコンに送ります。


後付ツイーターと純正スコーカーに送る信号を適切な周波数は場にして、インピーダンスやレベルも

合わせます。



通常はグローブボックス下に置くのですが、リアに車両アンプがあるためにアンプの近くに設置しま

した。


下に板がしいてあるのは鉄板から離して影響を受けない様にするためで、板は木を一度粉にして

後から固めた材質で、板の目がなく固さが均等になっています。


分解しないと見えない場所なので未塗装です。



後ろからひいて来た配線はダッシュの上に後付されたピュアディオブランドのツイーター・ATX-25

につなぎます。





純正のツイーター位置に比べると直ぐ横からではなく、斜め前から聞えて来るのでスムーズで聴き

疲れしない位置です。





今までRXは何台も取り付けして来ているので、その時のデーターを元に3トーンとフェダーを調整した

ら完了です。



ベーシックパッケージやベーシック防振は事前に時間をかけて調査して、最もコストが有効に使える

組み合わせが選んであるので安心してお買い求め頂けます。




今回のレクサスRXのお客様は福岡県の隣の熊本県からお越し頂きました。



遠くからのご来店ありがとうございました。

いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります