2015年05月30日(土) 19時01分11秒

BMW3シリーズ カーオーディオの音質アップ

テーマ:カーオーディオについて

今日ご紹介する1台は現在の宇部店の作業からBMWの3シリーズです。


セダンやワゴンはこれまでに入庫していますが、珍しい5ドアハッチバックのグランツーリスモです。

今回はベーシックパッケージの取り付けとドアスピーカーとシート下ウーファーの交換を行ないまし

た。



まずはダッシュ上にJBLのシルバードームのツイーターを取り付けます。

ツイーターは以前に乗られていたお車にベーシックパッケージで取り付けていた物を移設して来ま

した。




現行のBMWはドアスピーカーの上の方に約9センチの物が付いていますが・・



ここをナカミチのSP40と同じ材質を使った復刻版の3点止めのBMW用の物を取り付けました。

このサイズのBMW用トレードインで高級タイプは世に沢山ありますがキレの鋭い物が多く、お客様

は主にバイオリンを聴かれるという事で自然な音色のこのモデルを選びました。




続いてシート下のウーファーの交換です。


ネジを外してシートを持ち上げ、床下のウーファーボックスを取り外します。


こんなに薄型のウーファーで、クラッシック音楽でオーケストラが一斉に鳴る部分では役不足です。



ワンオフでマウントを作り変えてJBLのP660の16・5センチのミッドバスを取り付けます。

このP660のミッドバスはJBLの似た様な形の3WAYのパッケージ用のウーファーとは表面積が

同じですが、フレームの厚さとマグネットの厚さが違う別物です。


剛性・ストローク共に違いますが、その構造ゆえに付かないBMWのモデルも存在します。




今回は3シリーズのスポーツというグレードだったので付きましたが、ラグジェアリーのモデルは

シートの底に厚みがあってマグネットと干渉するために付きません。




スピーカーの組みつけが終わって音は出たのですが、グレードの高いスピーカーは音が出てから

なじむのに時間がかかるため、今日はエージングのみでまた明日以降調整にかかります。


いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります